使える(σ・∀・)σ ニュース2ch

オススメヘッドライン

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 以下コメント欄となります
  2012/01/30 02:56 #:12804

カイル・バス:円が欲しくてたまらないでちゅー。

貶して値が下がったら儲けもので、すかさず買って値が戻ったら売るつもりなんだよなw
セコイわw
ま、少なくとも生きてる間くらいは下がんないけどねw

  2012/01/30 03:17 #:12805

アメリカ国債のがやばいっつーのw
で、そのアメリカ国債を大量に持ってる日本は確かにやばい
時の総理大臣が「アメリカ国債ちょっと手放そうと思う」ってポロっと言っただけで
速攻アメリカから「宣戦布告とみなすよ?」って言われたんだからw

要は日本人の税金で、全力でアメリカ人の借金肩代わりして、しかも「返してくれないの?」
って聞いただけで「戦争する気か?」って言われる状態w

  2012/01/30 03:32 #:12806

別に良いんじゃないの。信じた連中の分だけ円安になるんだから
どうせ、実地データ持ってるちゃんとした銀行はこんなアホ話を聞いたりしないし

  2012/01/30 04:59 #:12808

北浜と変わらん糞野郎だ。

  2012/01/30 05:16 #:12809

むしろ破綻させて外郭団体や公務員の大幅削減などした方がいいんじゃね?
日本の場合年金よりも公務員維持の問題の方が大きい。

  2012/01/30 05:34 #:12810

こんなこと言い出したならまだ大丈夫だな
危ないのはこの件に誰も触れなくなったころだ

  2012/01/30 06:42 #:12811

ポジショントークに過ぎない。
間違ってる。

  2012/01/30 06:47 #:12812

日本も危ないのは間違いない
ただヨーロッパ・米国、そして日本かも知れない

  2012/01/30 06:49 #:12813

>>
日本の公的債務は間もなく1000兆円を超える見通しで、財政問題はのっぴきならない
状況にある。欧州を揺るがす債務危機が日本に波及するリスクはないのか。「日本売り」
を公言する米有力ヘッジファンド、ヘイマン・キャピタル・マネジメントの創業者、カイル
・バス氏に日経ヴェリタスが聞いた。

へーっ? ヘッファンドってアメリカの企業年金なんかの資金を運用して増やすことによって
評価を受けて金稼いでいる組織でしょ。そんなところに、日経は何の目的で日本経済のことを
聞こうって気になったの? 日経が聞きに行ったのかよ、それとも相手が金を出して
記事を掲載させてもらってるの?



  2012/01/30 06:50 #:12814

サブプライム破綻を予測した男なんだってさ。

  2012/01/30 06:54 #:12815

ヘッジファンドってサブプライムローンを組み込んだ証券売買で資金運用してたんでしょ。
予測したのはいいが、損はしなかったってことかねえ。もしそうならゴールドマンサックス系列の
ファンドなんで情報はツウツウでしょ。あのデリバティブはインサイダーだからね。

  2012/01/30 06:56 #:12816

>>
──日本国債に以前から警告を発しています。

 「過去20年間を振り返ってみましょう。この間、日本では名目国内総生産(GDP)が
減り、株価はピークから8割下げました。住宅価格も7割の下落です。そんななかで、
唯一価値を失わなかったものがあります。日本国債です。長期金利は低下(価格は上昇)
を続け、日本国債は最も運用成績の良い金融資産だったのです」

この部分は事実ですね。

  2012/01/30 06:56 #:12817

スレタイ見た瞬間に「なんで半年伸びたの?」って突っ込もうとしたら既に>237で指摘されてた

  2012/01/30 06:59 #:12818

厳密には事実じゃないでしょ。日本国債がもっとも運用実績の良い金融資産だったというのは
それを維持している裏の仕組みを知らないで表面だけ見て言ってる。
でも、その程度はいいでしょ。表面見て国債価格が高いというところは事実だからね。

  2012/01/30 07:05 #:12819

>>
「私が住む米国でも、ほぼすべての人が絶対に下がらないと信じ込んでいた資産があり
ました。住宅です。しかし、米国の住宅市場のバブルは崩壊しました。果たして日本国債
の安全神話はずっと有効なのでしょうか。答えは明らかにノーでしょう」

日本人が国債の価格下落が起きないと信じていると思い込んでるのかな。
それどころか日銀は常時国債のセカンダリー市場での金利動向に目を光らせてるぞ。
金利が上がろうとするとすぐにオペレーションで押さえ込みにかかる。
この人は何も知らないみたいだね。日本の新聞読んでるのかなあ。

  2012/01/30 07:10 #:12820

>>
■深刻な構造変化 14年に経常赤字か

 ──いつ日本の危機が顕在化するとみていますか。

 「私は国債バブルの崩壊が今後18カ月以内に起きるとにらんでいます。詳しいことは
お話しできません。しかし、日本の長期金利の上昇と為替の円安に備えたポジションを
すでにとっています」

この部分は面白いねえ。詳しいことはいえないんだから根拠はないんだね。
ただ円安ポジションを既に取ってるというのは事実なら正しい選択だと思うね。
長期金利は上昇しなくても、これから震災対策と原発補償のためにある程度の
イージンが必要になるからね。

  2012/01/30 07:19 #:12821

>>
──日本の国債バブルの崩壊はずっと言われてきたことでもあります。なぜ、今なので
しょうか。

 「これまでにない深刻な構造変化が起きているからです。震災後の原発停止で割高な
液化天然ガス(LNG)の輸入が急増し、日本は昨年、31年ぶりに貿易赤字になりました。
今年も状況の好転は期待しにくいでしょう。自動車や電機などの製造業は拠点をアジアに
移しています。生き残りを賭けた企業の動きは、もう後戻りできません。私は14年半ばに
日本が経常収支でも赤字になるとみています」

為替が高いのはアメリカの住宅バブル破綻がデリバティブ取引を通して欧米の金融システムを
直撃したんで、日本の金融危機のときに円安誘導したように、現在ドル、ヨーロ安を容認している。
G7と世銀での話し合い結果だけど、日本もいずれ金融の量的緩和をすることになるから
為替は幾分戻ってくる。短期的な問題としては正しいだろうね。これまでにない深刻な構造変化って
欧米の金融機関に起きてるんでしょ、今。その余波が日本に来ている。

 

  2012/01/30 07:19 #:12822

もはや老人のうわ言のようにつぶやいてるんだな

  2012/01/30 07:26 #:12823

>>
「12年度に財政赤字のGDP比は約10%まで上がるでしょう。日本の人口は過去3年半
で290万人も減りました。少子高齢化もいよいよ深刻になっています」

財政問題の解決は喫緊の課題で今ミンスがトンチンカンやりつづけてるんだけど
いずれ公務員制度改革と経済政策立案に戻って行った後に、税制改革が行われる。
少子化問題はそもそも竹下の時代からこの列島内に13000万人は多すぎるんで
7千万程度に抑えようという方向で行ってる。これは世界的にも第二次世界大戦の
影響でベビーブーマー世代に山があって、人口問題は食料供給問題とからんで
最大の戦争原因なんで、国債の問題とは本来独立した世界的な政治課題なんだ。
今地球の人口って70億人だったっけ。

  2012/01/30 07:28 #:12824

>>
──財政の立て直しに向けた日本政府の取り組みはどうですか。

 「日本の政治には大きな問題があります。増税を打ち出した首相はみな強烈な反対に
あい、退陣を迫られる事態を繰り返してきました。野田政権は消費税の引き上げの方針を
明確にした昨年12月、支持率が一気に下がりました。増税が実現する可能性は低いと言わ
ざるを得ません」

はい、そのとおりです。ミンスのトンチンカンにはこの問題は解決できません。
でも、ミンスはもうすぐ国民の投票によって粛清されます。

  2012/01/30 07:34 #:12825

>>
■日本の当局者も危機を覚悟

 「日本の財政が持続可能でないのは明らかです。この間訪日した時に、日本人も同じ
問題意識を持っていました。例えば、ある日本の当局者に『ギリシャの債務不履行(デフォ
ルト)があったとして日本はどうなるか』と聞かれ、『遅くとも2、3年で同じ危機が
起きますよ』と言うと、『いやそんなことはない。5~7年は大丈夫だ』と言われました。
つまり時期はともかく、日本の関係者もいずれ本格的な危機に直面せざるを得ないと思っ
ているのです」

すみません。どんなアホに意見を聞かれました?
日本は20年来この問題をコントロールしつづけているんで危機意識はあなた方の比ではないんですが。
いずれどころか日本発の金融危機が心配されたころからずっと危機に直面しつづけています。
あなたがた欧米人は甘っちょろいネエ。そんなことでサブプライム破綻の後遺症を解決することなんか
できませんよ。

  2012/01/30 07:37 #:12826

>>
──日本政府の12年度予算案に対しても、ずいぶん厳しい見方をしているようですね。

 「これほどの茶番はありません。社会保障費は一般会計ベースで約26兆3900億円と前年
度から8%減っていました。一般会計の総額も90.3兆円と前年度を下回り、一見すると
立派な予算案です。ただこれには看過できないトリックがありました」

 ──どういう意味でしょう。

 「一般会計から切り離し、『年金交付国債』なる耳慣れないものが登場していたのです。
これは基礎年金の国庫負担分2.6兆円を、将来の消費税増税で償還して穴埋めする仕組み
です。まだこの世に存在せず、実現する保証もない増税をあてにして交付国債を発行する
。こんなことが許されていいのでしょうか」

こんなのは皆知ってることですよ。だから今国会で侃侃諤諤やってるでしょ。
ミンスの限界なんですよ。もうすぐ1年半以内に選挙がありますから。

  2012/01/30 07:42 #:12827

■公的債務と民間資産を同列にとらえるな

 「米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは新規国債発行額を約44兆円
に抑えたという日本政府の主張はナンセンスだと断じました。当然でしょう。特別会計で
別枠扱いした交付国債や震災復興債を合わせると総額は約50兆円に達し、財政赤字のGDP
比は10%を超えるのです。見かけをとり繕ってやりすごそうとする日本政府に、もはや
何の信認もありません」

円建て債なんでムーディーズの格付けなんて関係ないんですけど。わかって言ってるでしょ。
格付け会社がでたらめなマッチポンプの格付けしてサブプライム問題を生じさせたの世界中が
知ってますぜ。

  2012/01/30 08:01 #:12828

>>
──ただ日本には1400兆円の個人金融資産があり、日本国債の投資家も9割以上が国内
で占められています。

 「よく聞く話です。まず、日本が抱える公的債務と民間の資産を同列にとらえるのは
やめるべきでしょう。日本人がいつまでも国債に投資し続ける保証はどこにもありません。
個人が銀行に預金し、銀行がそのお金を日本国債に投資する流れがずっと続いてきました。
しかし加速する高齢化は預金の引き出しを招き、金利の低下を支えてきたこの循環は断ち
切られることになるでしょう」

金融資産は家計が1471、民間企業が754、政府が483兆円持ってる。
それを銀行を通して、家計に354、民間に992、政府に1093兆円貸し出してる。
資産負債差額は海外流出分だ。テレビに出てるアンポンタン評論家の認識が
日本人の認識なんて間違っても考えないように。 これ日銀の資料よ。
それから国債買ってるのは銀行で、銀行に金預けてる国民じゃないからね。
完全に仕組みの無理解を露呈してる。日本の銀行が護送船団方式で
どこに支配されてるか知らないで日本の金融は分からないよ。大丈夫かい?
それに国債は資産の裏づけがあって国際基準でいうと日本の政府借金って
300兆程度だからね。それも知ってるでしょ。だから買いたいけど
中々安くならないし誰も手放さないから買えないでしょ。
年寄りが今から少しずつ預金を下し始めるんだけど資金はダムだとか
港湾、道路、空港に投資されてるんで、まさかこの分があなたの分よって
コンクリの塊もらったって、それ食って老後の生活を送るわけには行かないんでね。
当然そういうインフラをうまく活動させることによってフローを生み出して
預金の取り崩しに対応していきますよ、無論。ちょっとミンスじゃ無理そうなんで
国民はもうちょっとしっかりした経済運営をしてくれる政党を選びなおすつもりですがね。



  2012/01/30 08:01 #:12829

だって
 日経だもの
     みつを

  2012/01/30 08:05 #:12830

日本を、自分に当てはめて考えた。
給料の倍以上を月の生活費で使い足りない分は親から借金して、更に足りなければ友達から借りて生活する。この生活は崩壊しない?教えてくれ。

  2012/01/30 08:16 #:12831

>>
──国債市場の危機はどのように到来すると予想しますか。

 「今の市場が均衡を保っているのは極めて心理的な要素に基づいていると思います。
『過去も大丈夫だったから、当面は何とかなるだろう』という心理です。しかし金利上昇
は、ある日突然起きるものです。ギリシャがそうでした。国債入札の札割れといった深刻
なイベントが何も起きなかったのに、唐突に金利が上がり始め、一気に欧州危機が訪れま
した。人々の物の見方は一瞬にして変わります。日本だけが例外でいられる理由はありません」

完全な勉強不足です。今の市場が均衡を保っているのは心理的な要素に基づいているのでは
ありません。日銀がコントロールしてるんです。そんな甘っちょろい認識では自国の金融危機も
乗り切れませんよ。ギリシアは通貨発行権を持っていませんね。全く次元の違う話です。
国債入札の札割れなんか起こらないんですよ。まず日銀が資金供給して銀行に買わせるんですから。
そして通常のオペレーションの中で供給した分を回収していく。高橋是清がやった手法を
ずっとやってきてるんです。
日本の問題はそのオペレーションの20年間で先ほど挙げた日本の金融資産を使ってる場所が
民間ではなく政府が一番大きいというところです。これはクラウディングアウトなんです。
ここから脱出して民間活力を少しずつ再び拡大していくために公共投資や補助金を通した
公務員の不要な収奪をなくしていくのが公務員改革なんです。仕組みが硬直化しているのが
根底にある。クラウディングアウトは長引く不況の結果でもあれば、また長引いているがゆえに
原因にもなって久しいんですね。我々は東北復興を梃子にこのスパイラルから脱出するつもりで
いますのでどうぞご心配なく。


  2012/01/30 08:21 #:12832

>>
──日本の投資家はどうすべきだと思いますか。

 「国債市場が崩壊すれば金利が急上昇し、預金をしていた一般の人々が最も大きな損失
を被ります。私ができるアドバイスは、円資産をできるだけ手放した方がいいということです」

 「これからは、自律的な経済成長が可能で、金融の膨張や信用創造に頼ってこなかった
国に投資すべきです。生産性の高さや若い労働者がいる人口構成も重要な要素です。条件
に合致するのはカナダやノルウェー、豪州、インドネシア、インドなどでしょう」

はい。あなたの結論が出ましたね。日本人が円資産を手放したらあなた方が買うわけでしょ。
だって買い手がなければ売れませんよね。しかも上がってるときに手放す人はありませんから
下がってるときに損しながら手放すんですね。そしてたとえば米国債を買うわけです。
で、日本人以外の、つまりあなた方が円資産を買わなかったら誰が買うんでしょ。
あなた今円資産は手放したほうがいいって言わなかった?

  2012/01/30 08:21 #:12833

今のうち固定金利で住宅ローンを組んでおけってことだ。

  2012/01/30 08:23 #:12834

十分安くなったら買うってことさ。だってヘッジファンドって売買物件の
価格の上下で利ざや稼ぐんだから、何も動かないと商売になんない。

  2012/01/30 08:25 #:12835

日経はよくもこんな記事を提灯持って掲載してるよな。

  2012/01/30 08:26 #:12836

ええっ?
馬鹿じゃないんだからね。
商売だから。
宣伝記事載せてやるのに只ってことないでしょ。

  2012/01/30 08:29 #:12837

宣伝して不安あおったところで国民が直接買ってる国債なんて知れてるんで
大半は銀行とか生保が買ってる。彼らは日銀と大蔵の護送船団方式の中にあるんだから
宣伝費のコストパフォーマンスないでしょ。

  2012/01/30 08:32 #:12838

まあ、いろいろあんのさ。世の中複雑でね。
自動車のハンドルには遊びがないとかえって危険でしょ。
お前みたいにギスギスと攻め立てないの。
ほっときゃいいんだよ。

  2012/01/30 08:42 #:12839

>>
日本を、自分に当てはめて考えた。
給料の倍以上を月の生活費で使い足りない分は親から借金して、更に足りなければ友達から借りて生活する。この生活は崩壊しない?教えてくれ。

崩壊します。最終的にはインフレ税が結果することになるでしょう。
そうならないようにデフレ脱却、経済復興立案が必要なんです。
ミンスにまるで能力がない。単純にやり方がわからないんですよ。

  2012/01/30 09:30 #:12840

取りあえず日本国債は日本人が買い支えるから外国人は危険だから買うな。
外国人に迷惑を掛けるような事はしたくない。

  2012/01/30 10:15 #:12842

じゃあ円安になるほど売ってよー

  2012/01/30 10:19 #:12843


日経って国の借金と政府の借金を混同する自称経済通新聞の事でしょ?

  2012/01/30 10:40 #:12844

円安にするには金融のイージングをしなければなりません。
日銀が銀行の持っている金融資産を買い上げて資金を大量に
市中に放出する。これをやると為替市場で各国の貨幣流通量の
比が変わるんだから先物売買が発生して為替が動く。
円の流通量が増えたのだったらその円で買えるものの値段は
物量が同じなら上がる。それの先を見越して為替が動く。
イージングした量に比例して物価が上がるわけじゃない。
供給側も生産できるものに関しては供給を増やしますからね。
今欧米の金融機関がかつての日本のようにバブル崩壊後の不良債権を
抱えてガタガタになってる。それを貿易収支で少しでも回復したいわけだ。
だから日本や中国やドイツの輸出攻勢を緩めてもらいたい。
それでG7や世銀の話し合いで円高が決められてる。
日本はしばらく輸出を押えてくれっていう世界からの要望なんですね。

  2012/01/30 10:42 #:12845

ドイツは輸出国なのに得だね。ユーロは対円で下がってる。

  2012/01/30 10:46 #:12846

身内にギリシァをはじめ、イタリア、スペイン、ポルトガルと
財政破綻自治体みたいなのを抱えてるんだ。ある意味得はしてるんだけど
その得の分をEU全体の支えに関して力出してもらいますよってことでしょう。

  2012/01/30 10:50 #:12847

日本だって東北震災復興や福島原発事故対策やその補償問題の
解決のために資金が必要でしょ。皆、経済の分かっている人間は
国債発行しろと言ってるのになんでミンスはやらないんだ。
資金不足のために対応が遅れてるじゃないか。

  2012/01/30 10:53 #:12849

そこに世界との約束があるんだね。
国債発行で支えようとするとイージングしなければならなくなる。

  2012/01/30 10:53 #:12850

どうしてよ、国債発行とイージングと無関係でしょ。

  2012/01/30 11:03 #:12851

今まではね。
日銀が銀行に資金を貸し出してその国債を買い取らせるって言ったけど
今までは不景気でGDPで生み出された資金は銀行に戻って再投資先が
ないものだから国債にまわされてたんだ。時期によっては日銀が
銀行の既に持っている国債を買い取って資金をつけて新規の国債を引き受けさせたりも
したことはあるんだけど所詮はGDPから生み出される資金が銀行に戻ってきて
結局は長期で見ればマネーベースは変わらなかったんだよ。
変わらないというのは最近の世界の貨幣供給量の増大と比較して
低レベルに抑え続けてきたということね。
だから円高なんで、それは明確に世界経営の一環として意識的に行われていることでしょ。
でも、今日本は輸出攻勢のためではなく、国内に資金を回すためにイージングが
必要になっているんでしょ。でも、結果としてイージングすると円安になって
世界との約束が守れないということになるんだよ。

  2012/01/30 11:07 #:12853

それは話し合いでどの程度のイージングを行うのか
白川がたとえば世銀に説明せにゃならんでしょ。

  2012/01/30 11:09 #:12854

ミンスぞ。
仕組みも現状も方法論も何にも分かってない。
烏合の衆ぞ。

  2012/01/30 11:15 #:12856

でもなんで今まではなの?
これからもGDPからの還流資金で国債引き受けできるんじゃないの?

  2012/01/30 11:20 #:12857

GDP縮小してるでしょ。
今までは短期の資金をつけてしばらくしたら回収できてたのが
これからはだんだん資金のつけっぱなしになってくると心配されている。
そこに復興資金と、原発事故対策資金と補償費資金をつけなきゃなんない。
その上にそもそも一般財政赤字が続いている。このままいくと
自然にオペレーションと称した実質的な日銀特融、日銀引き受けの世界に
突入する。
この対策にはGDPの拡大しかないことは自明でしょ。

  2012/01/30 11:27 #:12858

それを消費税で回収しようとしているのね。
GDPを増やすことには何も貢献してないばかりか
消費を弱めて更に税率を上げなきゃならなくなるから
どんどんGDPは縮小する。かえって財政破綻を早めるばかりだ。
こんなことは高橋なんか前から言ってるでしょ。
こんなときに消費税なんて論外どころか、悪し様に
けなす適当な言葉が見つからないほどだとまで言ってる。

  2012/01/30 11:33 #:12859

そもそも消費税って公務員の待遇の、特に団塊の世代の天下りにつける
交付金の財源がなくなってるのが原因だろ。
税と社会保障の一体改革とか、東北復興のためだとか、
原発事故対応のためだとか、理由がふらふらするのが
本当の理由を隠している証拠だね。
本気で400万公務員の全待遇の2割でも削減したら
消費税自体はすんなり通るだろうね。
でも今言ってる特別会計だとか、独立行政法人の削減だとか
形だけで実質的な予算削減にはなってないばかりが
これから膨らむ一方なんだよな。

  2012/01/30 11:35 #:12860

森元首相が消費税の法案を通して民意を問えって発言してるな。
通してから問うてどうするつもりだ。野田とおんなじこと言ってるじゃないか。

  2012/01/30 11:38 #:12861

森派ってのは谷垣はじめ、小泉もそうだったように
旧大蔵省の族議員の集団なんだよ。
言わなきゃいいがと心配してたがとうとう言っちまったな。
せっかく民意が自民に戻りかけていたのに。

  2012/01/30 11:39 #:12862

お前さん自民党支持者なの?

  2012/01/30 11:45 #:12863

ああ、そうだよ。
自民が国策の基本方針でも具体的政策でも一番しっかりしている。
ミンスがここまで心配な集団だったというのも逆にがっかりしたがね。
とにかくアンポンタンに政治は任せられない。
でも、経済問題の中心に政府の財政問題がデンと居座っていて
その根本原因が公務員制度なんだと分かっていながら
官僚の抵抗と称しながらその利権の甘い汁から自分が逃れられない。
政治の根本を忘れちゃ政治屋でしかないじゃないか。

  2012/01/30 11:46 #:12864

お前さん消費税増税に反対なの?

  2012/01/30 11:47 #:12865

いや、消費税の税率アップはいずれ必要になる。

  2012/01/30 11:50 #:12866

じゃあ、野田と森に同調したら?

  2012/01/30 11:52 #:12867

全国公務員人件費の削減が先だ。
それをやらないで消費税上げたら交付金に食われるだけぞ。
おれが言ってる公務員って退職して天下って民間人の
ふりをしている公務員も含んでるし、さらにその下部組織に
ぶら下がっている人間たちも全部含めて言ってる。

  2012/01/30 11:54 #:12868

半分にしたら日本の財政って均衡しちゃうんだってな。
税金がたりないんじゃなくて働きに対して結果論的に
人件費高すぎってことでしょ。

  2012/01/30 11:57 #:12869

まあ、いきなり半分ってわけにもいかないというのは常識で分かるでしょ。
生身の人間だよ。でも東京都でも、大阪府でも2割削減はしてるな。
今回の国家公務員だけの7%程度って話にならないでしょ。
天下り利権なんかはずすと地方のほうが待遇が高い位さ。

  2012/01/30 11:58 #:12870

でもそれって公務員改革したら増税不要になるんじゃないの?

  2012/01/30 12:05 #:12871

そうじゃないんだ。
公務員の上から傾斜配分で削減した人件費って
高所得者の分だから預金になってた分だ。
これは預金から国債を通して彼ら自身の赤字の支えになってたり
国家資産に替っている。
この資金をたとえば震災復興に使っていくわけさ。
いままで国債だったものが節税で生み出されてくる。
一方で国債も発行して必要なら他国の了解も得て
イージングもある程度行う。そのときに震災復興で
景気が過熱したときにはどうやって抑制するの?

  2012/01/30 13:55 #:12879

日経はほんとゴミだな

  2012/01/30 15:24 #:12895

現実的に言って,日本国債より上の格付け国が胡散臭い。米国債なんて日本と中国買わなかったら終わってるだろ。

  2012/01/30 15:35 #:12897

その通り。

  2012/01/30 15:40 #:12898

震災復興で景気過熱してバブルに近づくとインフレ気味になって
しかも長期金利が上がりはじめる。
バブルを止めるのに政策金利を上げられないからな。
財政が金利破綻しちまう。
だからと言って量的引き締めを行うと景気が冷え込んで
税収が落ち込む。今の状態と同じだ。
バブル退治するには増税するしかないんだ。
そのときこそが増税するときなんだよ。

  2012/01/30 15:42 #:12899

そのときになって又増税論議やってたら間に合わない。
だから今その増税権を確保しとこうと云う考え方は
あるんでしょ?

  2012/01/30 15:43 #:12900

政策の方針としてあるし、相しておかなければならない。
でも、今やってるのはそうじゃないんだ。

  2012/01/30 15:45 #:12901

どうして?
本心はそうかも知れないじゃないか。

  2012/01/30 15:52 #:12902

テレビ見てみ。
そんなこと一つも言ってないでしょ。
それに仮に言っても信じてはいけないよ。
本気で日本経済の建て直しを考えるときには
必ず本格的な行政改革が先行する。
広い意味の公務員待遇の削減が先行したら国は本気だと考えていい。
そのときこそ国民は協力しなければならないよ。
日本が立ち直れるかどうかの国家存亡の秋です。

  2012/01/30 15:55 #:12904

消費税だけで負担しなくちゃなんないの?

  2012/01/30 15:58 #:12905

税体系を全部洗いなおさないといけないが
消費税も柱の中に入るよ。当然。
でも財界は法人税の増税には反対してるし、
結局皆わが身がかわいいんだからね。
でも国が身を削ったら国民も意識が変わるし
当然国民の選良でもあるはずの財界の意識が
変わらなくてどうするかね。

  2012/01/30 15:59 #:12907

ごまかしがないかどうかどうやって知るの?

  2012/01/30 16:06 #:12908

一般会計も特別会計もある程度公表されている。
ちょっと会計の知識がいるが、丹念にデータを集めて
連結してみると全体が見えてくる。
その後の科目の増減を見張ってればいいんだ。
本当に公務員が身を切ったら数字で明確に見え始める。
独法の数減らしたところで使ってる金が減ってなきゃ
意味ないでしょ。いままでそうやって形だけ変えて
数千と云う天下り下部団体を増やしてきている。
国民はだれでも知ってるでしょ、そんなことは。

  2012/01/30 20:39 #:12932

日本国債を個人が買ってると思ってるのがバカ
個人保有は外人含めて7%程度
銀行、証券会社、生保が購入し運用してまんがな

  2012/01/30 22:17 #:12964

まぁ、コイツが本当に日本売りの方向ですでにポジションとってるなら、何が何でも日本崩壊の危機感煽って日本売りの方向にもっていきたいのは当然だわな。

  2012/01/30 23:05 #:12971

本当に財政再建するなら、年3~5%程度のインフレが最も有効。
増税そのものによる財政再建は基本的に不可能。
増税はあくまでも過剰なインフレを抑える為に行うべき。
当然、そのバランスを保つのは至難だが、少なくとも現状において
やるべきコトは、進行しているデフレをどうやってインフレ方向に
もっていくかの議論であり、増税論議などしてる時ではない。

  2012/01/30 23:55 #:12981

ユーキャンセイザッツアゲイン

  2012/01/31 00:01 #:12983

だってバカンは投資乗数11と云うのを知ってると言ったらしいからな。

  2012/01/31 00:03 #:12986

復興会議の冒頭で五百旗頭が財源に消費税が必要と言ったのには吹いた。
財務省のペーパー読みか。
何のための会議なんだろうね。あれから復興計画の内容と具体的な金の回し方も
何も決めてないんでしょ。

  2012/01/31 00:06 #:12987

今までみたいな公共投資してると関連団体に吸い上げられて乗数が効かないんだよな。
なぜ行政改革かと云うことがミンスは分かってないんだもんな。

  2012/01/31 00:08 #:12989

それ以前に何を復旧するのかさえ分かってはいないんだよ。
何していいかさっぱり分からなくて、次回の選挙では
壊滅すると右往左往してるだけ。

  2012/01/31 00:09 #:12991

大蔵に言わせるとバカの一つ覚えの消費税くらいやらせとけってんだろ?

  2012/01/31 00:10 #:12992

実際にデフレ脱却させるのは難しいだろう?

  2012/01/31 00:12 #:12993

償還できなくなったら?
日銀が買い取ればいいっしょ?

  2012/01/31 00:13 #:12995

今名目ではマイナス成長だからね。
それを4%以上の成長率に持っていかないと
なかなかプライマリーの収束は難しい。
東北復旧はそのチャンスなんだけど
凡そミンスは何もわかっていないんだから
何かやらせると危険なんだな。

  2012/01/31 00:15 #:12996

それで消費税祭りさせてるわけか。
早く選挙しないといけないな。

  2012/01/31 00:22 #:12999

公共投資は資金を政府系の天下り団体を通していくもんだから
投資乗数が実質1ちょいしかないね。
無論、今公共投資止めてるから東北復旧で出せば1でもそのままGDP拡大になる。
でも乗数が効いて2に近いくらいあれば成長に加速がつく。
真水で流れるように改革しないといけないんだけど、
そんなことも何もやれないままに東北震災にみまわれちゃってるんだな。

  2012/01/31 00:30 #:13001

デフレの原因は民間投資意欲の減退で団塊の老後に備える動きが
加速しているときと重なって流動性選好が高まって、いわゆる
スパイラルに落ち込んで既に流動性の罠に嵌ってしまってる。
一方で民間投資の落ち込みをカバーすべき公共投資は
公務員の老後の備えの時期とも重なって天下り団体への横流しで
全く乗数が効かない状態で政府負債ばかり積み上げてしまう結果になってる。

  2012/01/31 00:33 #:13002

ダムになるはずの金がダム管理事務所の経費に食われて
何時までも完成しなくて、そもそもインフラになるべきはずのものが
天下り公務員の貯金になってしまってるのね。
それじゃ限界消費性向は極度に則句なるんで乗数は小さくなるに
決まってるな。
国債で借金して自分たちの預金にしちまってる。

  2012/01/31 00:37 #:13006

東北復旧でこれをやらせちゃいけないんだけど
今ミンスがやってるのは補助金行政のための
消費税増税だからな。ピントがずれすぎちゃってて
批判の対象にもならない。
おまえたちゃ、選挙で国民に落としてもらうまで
なーーーーーーんもすんな。

  2012/01/31 00:40 #:13007

でも、次にどこが政権とっても景気回復デフレ脱却とプライマリーバランスの達成と云う
隘路を通んなきゃなんないよな。なんかいい方法はないの?

  2012/01/31 00:42 #:13008

ちょっと債務残高が積みあがり過ぎちゃってるんだよなあ。
負債の額が大きすぎて金利の影響が大きすぎるんで
景気対策が難しくなってる。景気回復させると金利は自然に
上がってくるんで、それが政府財政を圧迫する。

  2012/01/31 00:44 #:13009

資産側からの収入はないの?
借金してインフラ作ってるんだから
インフラ側からの収入と金利と
ある程度相殺できるでしょ。

  2012/01/31 00:50 #:13010

まずインフラは景気がいいときには働くから収入が増えるけど
景気が悪いと遊んじゃうから実入りが減ってくる。
それが税収減ってことよ。
次にインフラ資産の建設コストに天下りが抜いた金がもぐりこんでいる。
つまり簿価より実質的には時価が低い。
そもそもそんなに価値がないということ。
更には必然的に1000兆に対する700兆の資産の資産価値が
本当はそんなにないんなら公務員の使い込んだ300兆は実際には
もっと大きいのかも知れない。欠損金の埋め合わせに対する
負債の金利は当然相殺できないよね。

  2012/01/31 00:55 #:13013

ゼロ金利に押さえ込みながら乗数効果の高いやりかたでの
公共投資をして景気が上向いて金利を押えきれなくなったら
徐々に増税して投資回収しながら金利水準をおさえるという
一挙両得作戦でしょ。

  2012/01/31 00:59 #:13018

うん、それでも名目4%成長にはまだ足りないだろうね。
日本の企業は輸出特化していて優良企業の多くが輸出産業なんだな。
為替はそんなには戻せないから輸出期待はできないし、そもそも為替合意は
サブプライムで痛んだ欧米市場を回復させるためのものだ。
無論、日本だって欧米は市場なんで長期的には回復してもらわないと困る。
すると内需産業のてこ入れということになるでしょ。
そこに又役人の規制が立ちはだかってる。

  2012/01/31 01:03 #:13020

もう、なんもかんも公務員なのね。原因は。
何でそんなに日本の復活を邪魔するんだろう。

  2012/01/31 01:06 #:13022

いやいや、わざと邪魔してるんじゃなくて
世の中の動きに対応できなくてジット座っているうちに
いつの間にかしらずしらずのうちに社会のお荷物になっちまったんだよ。
橋下がいくら噛み付いてもポカーンとしてるだろ。

  2012/01/31 01:07 #:13024

内需拡大のための規制緩和って古賀茂明が言ってるな。

  2012/01/31 08:21 #:13044

問題点は出揃いつつある。

  2012/01/31 08:22 #:13045

1000兆の負債残高って政府は国民に返せないんでしょ?

  2012/01/31 08:29 #:13047

原理的には返せるさ。だって政府が1000兆の紙幣刷って
国債を買い戻して焼却しちまえば終りだ。*86さんが書いてるじゃないか。

国債がなくなって1000兆の新たな紙幣が銀行や生保に渡されて
どうなると思う? それが大問題だからみんながドーマー条件下での
プライマリー均衡を考えてるわけさ。

  2012/01/31 08:31 #:13048

新たな紙幣で国債を買い取り焼却するってどういうことを意味してるの?

  2012/01/31 08:41 #:13050

たとえば俺がお前に借金して車を買って使ってると考えればいいじゃないか。
お前が急に金が必要になって返してくれっていわれたときにまだ俺はたくわえが
貯まってないもんだから、コピー機使ってそっくりの偽札作ってお前さんに
返したみたいなことね。北朝鮮が昔ドル紙幣作ってたでしょ。
俺達がやると牢屋にぶち込まれるし、北朝鮮がドルを刷ると制裁を受けるし
最終的には戦争になる。でも、国家は自国紙幣の発行権を持っているから
合法的にそれをやれるんだ。でもそんなことするというのは
貨幣の管理ができてないということを意味するんで無能の証明なんだね。
そんなことなら赤子でもできるでしょ。インフレやデフレを起こさないように
管理するというのはプロの仕事なのさ。
管理する

  2012/01/31 08:43 #:13051

どうしてインタゲって言うの?
インフレもデフレもないほうがいいんでしょ。

  2012/01/31 10:02 #:13054

景気が良くなると税収も上がるし、雇用も増えていい事ずくめでしょ。
景気がよくなるというのは民間の企業家たちが積極的に投資して
物を作って売るってことだけど、その動機は利益でしょ。
期待利潤値ってのが指標になる。どのくらい作るとどの程度の価格で
どの程度の最大利益をもたらすかというようなことを常時計算してる。
会社で働いている人なら多かれ少なかれ知ってるでしょ。

  2012/01/31 10:05 #:13055

ああ、でもそれとインフレとどう関係するの?

  2012/01/31 10:09 #:13056

利益って付加価値ともいうでしょ。携帯電話とかパソコンとか
今までなかったものを作り出すのはイノベーションといって
努力が必要でしょ。そうそうどんどんと大量に付加価値を作り出せるものではないんだ。
通常は付加価値いうのは労働生産性から企業側が収奪するという側面で測られるけど
今言ってるのは収奪しようにもまずニーズを掘り起こすだけの魅力ある商品を
作り出す、その働きに重点を置いて言ってるんだよ。
それに対して、利益はインフレによっていとも簡単に拡大され得るんだ、努力が
要らない。

  2012/01/31 10:11 #:13057

どういうことさ。

  2012/01/31 10:15 #:13058

100円で仕入れた商品を売るときに経費や利益を全部で50円上乗せして
150円で売ろうとしてたら売るころには仕入れ値が200円になってたんで
250円で売る。100円まるまるインフレで儲かった。でも次に仕入れるときには
200円かかるから250円で売ろうとしてたら売るときには仕入れは300円になってたんで
350円で売ってまた100円儲かった。そういう期待利潤率の作られ方があるわけさ。
バブル時は誰もが儲かった。

  2012/01/31 10:17 #:13059

そうだな、でも企業家はもうかるけど
労働者は物価が上がってるのに給料そのままじゃ
生活困るから社会問題になるね。

  2012/01/31 10:21 #:13060

そう、それがインフレの弊害で、給料は物価の上昇に遅れながらでしか
ついてこないんで常時社会不満がつきまとう。
だからインフレターゲットといって企業マインドを前向きにさせるけど
社会不安を引き起こさない程度の数パーセント程度の意図的インフレを
中央銀行は目差すのが手法としての常識なんだね。

  2012/01/31 10:24 #:13061

企業経営者は常に名目利益によって評価されるのね。

  2012/01/31 10:29 #:13062

そうさ。
だから今みたいなデフレだとさっき言った仕入れ値は実際に売るころには
もっと下がってるってことになるからインフレ時とは逆の現象が起きるでしょ。
投資しないで現金で持ってたら回りの商品が値下がりしていくんだから
何も投資しないでジット現金持ってる経営者が評価される。人も要らなくなるから
解雇して経営規模を縮小していくほど経営手腕を讃えられるんだ。
現金で持っいたがる心理を流動性選好といって、スパイラルの所為で
その状態から抜け出せなくなる状態を流動性の罠といってる。
日本はその罠に捕らえられて久しいんだ。

  2012/01/31 10:32 #:13063

それでクルグマンなんかがもてはやされて
高橋洋一なんかがそれを喧伝して
逮捕されたりなんかしたのね。
喧伝と逮捕とどういう関係か知らないけどな。

  2012/01/31 10:36 #:13064

クルグマンはノーベル賞もらったでしょ、経済学で。
でも、日本に関心を持って書いた分析は正しいんだけど
その手法はバツなんだね。そんなに単純じゃない。
そのことは今米国で日本と同じバブル崩壊が起きたあと
だんだんに証明されつつある。
高橋のはあまりにブームになってしまって
世論を誤解させるといけないという配慮が働いたみたいね。
高橋自身は必ずしも間違ったこと言ってないんだけど
複雑な話なんで受け取る側が誤解するといけないという配慮だね。

  2012/01/31 10:37 #:13065

インタゲが正しいのならそうすべきでしょ。

  2012/01/31 11:31 #:13066

そこに難しさがあるんだ。
喩えがいいか悪いか分からんが
平地を前にして数十メートルの軽い下りの坂道作ってくれないかと言ったら
コツコツとシャベルで削りながらなんとか作るでしょ。
でも山の登り斜面を前にしてここから軽い下りの斜面作ってくれるって
頼まれたらエエッて感じないか。
リクゥィディティトラップって山の上り斜面斜面みたいなもんだ。

  2012/01/31 11:34 #:13067

そうか。
ダイナマイトでもかけてとりあえず山を崩してから
斜面掘り下げるかなんて考えちゃいけないのね。

  2012/01/31 11:36 #:13068

経済運営と云うのは物理学の実験と違うからね。
みんな生活かかっていてすべての人々が命がけなんだ。
大勢乗ってるバスは急ハンドル切らないでしょ。

  2012/01/31 11:42 #:13069

じゃあ、こうなっちまったのは運転手の先を読む力の不足なのか?
徐々に修正して行ってたらこうなってなかったと?

  2012/01/31 11:52 #:13070

それもあるね。でもそれだけじゃない。
世界の経済運営との絡みがあるでしょ。
バブル発生と云うのはプラザ合意の結果なんで
これは世界の側から頼まれることだからね。
同意した以上自分たちでできることは
限られるから問題がより難しくなる。
今度のTPPもそうだね。あれは内心では世界が
日本に頼んでるんだからね。
あからさまに頭は下げないよ。無論。
外交なんだ。でもその根本には経済合理性がある。
だからTPPは日本にとっていいことないなんて当たり前なんだよ。
そりゃプラザ合意しないで円安続けていれば
輸出は有利に決まってるじゃないか。
でも、広い目で見れば所詮周りからチクチクやられて
圧力受けて受け入れるんじゃあ、既に外交的に不利でしょ。
圧力受けなきゃ分からない奴ってアホでしょ。
アホにはアホにあった手法が選ばれてしまう。

  2012/01/31 11:54 #:13071

かといって、利口に振舞って理解したところで
いざ国内を振り返るとどうするんだってことだな。

  2012/01/31 11:55 #:13072

ミンスにどうするがないでしょ。
何にもないんだ、あの人たちって。
情けなくなる。

  2012/01/31 12:30 #:13073

※125
雇用対策
まずこれから

  2012/01/31 21:20 #:13121

日銀法改正して日銀に無金利無期限の国債引き受けさせたらだめなん?
それを原資にして経済対策を打てばいい

  2012/01/31 21:37 #:13124

日銀引き受けと云うのは認められてないんだけど通常のオペレーションとか
量的緩和は許されてるんで実質的にはやろうと思えば日銀は何でもやれるし
今までだってわざわざやりましたとは言わないんだけどやってきている。
データを見れば分かる。
でも今回の震災対応のための資金は臨時に建設国債を発行すればそれで済む話なんだ。
無利子国債を日銀に引き受けさせるなんて変則的なことをわざわざしなくても
普通に1%の金利で発行すれば消化されちゃう。

  2012/01/31 21:39 #:13125

何でそうしないの?

  2012/01/31 21:40 #:13126

竹中も、高橋も、自民党もいろんな人がみんなそういってるのに
野田は消費税だといってるんだね。

  2012/01/31 21:41 #:13127

どうしてなの?

  2012/01/31 21:46 #:13129

わかりません。
みんな、分かりませんって言ってるでしょ。
そりゃあ、わかりませんよ。
説明だって聞いてないし。
なんか、子孫に借金を残すなとか分けわかんないこと言ってるし。
みんなが聞いてるのは今消費税を上げたら
どうなると考えていますかと聞いてるんだけどね。
答えがないんだ。
ただ、子孫に借金をって????
政府に子孫なんかあるのかなあ。
国民は自分が死んだら国債と云う財産を子孫に残すんだけど
政府はその借金をどんな子孫に残すのかなあ。

  2012/01/31 21:50 #:13131

それは新たに入った新人官僚たちに
天下っていく古参官僚達が作った
国民に対する自分たちの借金を負わせたくない
という意味なんじゃないの?

  2012/01/31 21:56 #:13132

負わせたくないって、負って貰わないと円の価値は崩壊するぜ。
それとも本当に1000兆の政府紙幣刷るかね。
日銀は政府の国債の直接引き受けはできないけど
政府紙幣の1兆円札なら持ち込まれて一万円札に代えてくれとか
銀行の政府講座に振り込んどいてくれといわれたら
そうすることができる。政府は杣かねを使ってすべての発行済み
国債を買い戻すことができる。

  2012/01/31 21:57 #:13133

本当にそうしたらどうなるの?

  2012/01/31 21:59 #:13134

うーん、、、想像できないけどなあ、、
とりあえず世界中から物笑いにされるかな、、、
それともその後の世界の迷惑を考えて
原爆落とされるかな。


  2012/01/31 22:00 #:13135

原爆落とされてもいいからそうしたらどうなるの?

  2012/01/31 22:14 #:13137

はっきりしてるのは銀行や生保や個人や海外投資家の手に
合計1000兆円の円紙幣が入るということだよ。
大半は銀行生保だけど今まで国債で利息収入があったのに
政府に買い上げられちまって収入がないんだから、預金金利払えなくなる。
あわてて新たな投資先を探すということになるでしょ。それに現在の
ベースマネーって1000兆円もなかったんじゃないかな。
追加で1000兆円発行したんだから、いくら流動性のわなの中に
陥っているからと言って、当然円の価値は経済活動を通じて
半減すると誰もが予測するよな。あわてて円を手離して
何か別の資産に乗り換えようとする。
ハイパワードマネーの追加発行なんだからね。信用乗数が働くよ。
もう今までみたこともないような大型花火が打ちあがる。
ハイパーインフレなんて言葉じゃ言い表せないでしょうね。
円の暴落なんてものじゃない。
タマヤーーーーーーって世界中の大向こうから声かけられて
バカヤローーーーーって声と共に水爆がビカドン。

  2012/01/31 22:15 #:13138

でも、それって小規模にだったらクルグマンが書いた処方箋とおなじじゃないの。

  2012/01/31 22:27 #:13139

小規模ってどのくらいだったら緩やかに起きる?
それって恐ろしくないか。かといって少しだと
何にも動かないからな。日銀も黙って恐る恐る
数十兆単位なら既に何度かやってみてるのよ。
何にも動かない。流動性の罠ね。
1000兆やったら間違いなく動くよ。
第一政府の借金という一つの問題は確実に解決される。
数百兆までやってみるかね?
それって急ハンドルじゃないの。
インタゲといえる?
コントロールできる?

  2012/01/31 22:29 #:13140

そうか。問題は単純な構造をしてないのね。

  2012/01/31 22:30 #:13141

だからプロの仕事だと言ったじゃないか。

  2012/01/31 22:32 #:13142

ということは1000兆の借金は政府は返せないってことね。

  2012/01/31 22:34 #:13143

いや、そんなことはないよ。1000兆の政府紙幣では無茶だよってことなんで
理論的には税収を余らせてコツコツ返すか、政府の資産を売って圧縮するという方法も
あるでしょ。

  2012/01/31 22:35 #:13144

じゃあ、税収余らせてコツコツ返せばいいじゃないか。

  2012/01/31 22:37 #:13145

ええっ?
今税収足りてないのよ。
国債発行してる。
返済なんて状態じゃない。
それどころか震災復興と福島原発事故処理でまだまだ増える。

  2012/01/31 22:42 #:13146

経済政策で景気回復させればいいじゃないか。
そして税収を余らせて少しづつ返す。

  2012/01/31 22:43 #:13147

毎年幾らずつ返すおつもり?

  2012/01/31 22:46 #:13148

そうだなあ、わきゃわからんけど
子孫がどうこういってるんだから
50年くらいで返さないと子孫に
残しちゃうんじゃないの。

  2012/01/31 22:51 #:13149

じゃあ、毎年20兆だ。
毎年20兆返すというのは
毎年20兆GDPが縮小するということだからね。
忘れないでよ。500兆を分母にしたら
毎年4%のマイナス成長要因を作るということなんだからね。
その分上乗せして名目成長させる経済政策が
50年間つづかないといけないんだからな。

  2012/01/31 22:54 #:13151

ちょっと無理そうかな。

  2012/01/31 22:56 #:13153

どうして自民党政権時代にプライマリーバランスゼロが目標になっていたか分かった?

  2012/01/31 23:01 #:13154

わかった。1000兆を返すというのは現実的には難しいということだな。
でも1000兆の残高を残したまま譬えプライマリーベースでも
均衡させるのは難しいんじゃないの?
均衡させるには景気を回復させなきゃなんないが
回復すると金利が上がる。それは1000兆の元金に対して
財政の上に厳しくのしかかってくるな。

  2012/01/31 23:07 #:13155

そこに高橋の言うドーマー条件というのがあるんだ。
金利の伸びより税収の伸びのほうが大きければ維持できるでしょ。

  2012/01/31 23:09 #:13156

なるほど。
じゃあどれくらいの成長率ならドーマー条件を満たしたことになるの?

  2012/01/31 23:18 #:13157

基本的には負債元本の大きさとGDPの大きさに依存する。
1000兆の1%って10兆だ。日本のGDP500兆に対して現在40兆の税収で
バブルのころは60兆程度だったわけだ。
どのくらい成長させると税収がどのくらい伸びて、利子率はどのくらい上がるか
というシュミレーションが必要だね。
因みにリーマンショック前にブライム達成寸前だった。ただし、
そのころはブッシュの時代で日本発金融危機を訴えて
アメリカへの輸出増価が可能になっていた。
今あの為替合意でなおかつTPP要請なんだからね。
それにあのころにも金融緩和が叫ばれていた。なぜかと云うと
デフレでとてもドーマー則を満たせていなかったからだよ。


  2012/01/31 23:25 #:13159

では日本もいよいよイージングしないといけないんだね。
クルグマンだね。
まさか政府紙幣ではないでしょうけど
とりあえずオペレーションで市中の国債を
相当規模日銀が買い上げないといけないね。


  2012/01/31 23:29 #:13160

欧米のバブル崩壊の中でどこまで日本が色んな金融緩和策をとれるかだね。
為替に影響しないように緩和できれば後のことは日本の自由だけど
緩和の仕方次第では為替が円安に動く。すると合意が損なわれる。


  2012/01/31 23:31 #:13161

日本は復興資金を作りたいだけでしょ。
復興をてこに景気回復を波及させて、それを常態にしたい。

  2012/01/31 23:35 #:13162

復興資金なんて小さいんだよ。2,30兆程度でしょ。
そんなの普通に建設国債って皆が言ってるのを
バカンからずっと消費税っていいながら実際の復興は何もできてない。
竹中なんか普通のことさえできない人に
こんな危機対応ができるはずがないと悪し様に言われてる。

  2012/01/31 23:37 #:13163

消費税って何なんだい。復興と景気回復のほうがはるかに大事でしょう。

  2012/01/31 23:38 #:13164

わかりません。あの人たちのすることは。

  2012/01/31 23:39 #:13165

で、話を戻すと、財政の均衡は難しいのね、どっちにせよ。

  2012/01/31 23:40 #:13166

もう一つ政府資産の売却による負債圧縮の手は残されてるよね。

  2012/01/31 23:48 #:13167

一度にやったら危ないんなら
継続的に毎年50兆くらい日銀国債引き受けやってみればいいじゃないの?
経済対策に年50兆も追加できれば余裕で回復できるでしょ

  2012/02/01 08:18 #:13181

2011年9月現在の日銀の国債保有残高は86兆円で全体の

  2012/02/01 08:26 #:13182

あっ、スマン操作ミス。
全体の9.4%になる。
竹中の時代にヤイヤイ言って100兆程度まで積んだかな。
でも民間銀行から先に借り手が現れないんだ。
100兆と云うのは全体の1割程度だから
やってみるというときには1割単位で、次には200兆で
次には300兆ってことになるでしょ。
この操作は少なくともインタゲの細かい操作ではないよね、
どこの時点で国債信用、ひいては貨幣信用がクラッシュするか
と云う実験になってしまう。
このあたりがクルグマンの案を日銀が採用しなかった原因で
彼の理論を喧伝した高橋が妙な事件で逮捕されてしばらく
静かになっていた理由みたいよ。

  2012/02/01 08:28 #:13183

日銀引き受けと言ってるんだから民間に資金供給する話じゃなくて
その金を国が震災復興に使うということでしょ。

  2012/02/01 08:33 #:13184

そのあたりみんな誤解してるんだよね。
日銀の直接引き受けって特別の事情がない限り法的に禁止されている。
だから今回は特別じゃないかって言う人もいるんだけど
そんなのは全く関係ないんだよ。
金融機関から彼らが持っている国債を買い上げて資金供給するのを
イージングといってるでしょ。今アメリカが盛んにやってる。
昔買いオペって言ってた。今日銀が86兆持ってるのもオペレーションで
持ってるんだよ。
でも良く考えたら分かるでしょ。オペレーションをズッと続けていたら
それって日銀引き受けでしょ。

  2012/02/01 08:36 #:13185

ああ、そういうことか。復興資金で30兆円国債を発行しなければならないんだったら
金融機関の以前から持ってる発行済みの国債を買い上げて新規の国債を引き受けてもらえば
日銀の間接引き受けってことになるのか。

  2012/02/01 08:39 #:13186

だからみんなが建設国債使えって言ってるのに消費税っていう奴は
復興原資の話してるんじゃないということが分かるでしょ。

  2012/02/01 08:40 #:13187

なるほどね。
でもズッとそんな引き受け方させてたら日銀の国債保有残高って増えていくんじゃないの?

  2012/02/01 08:43 #:13188

やっと分かってくれた。
日銀の保有残高は50兆まで下がってたこともあるんだよ。
日銀は国債の直接引き受けができないから
間接引き受けしているんじゃないんだ。
本当に市場の資金供給量の調節のための
オペレーションをやってるだけなんだよ。
国債は市場で十分に消化されていて
国が特段何かしているわけじゃないのさ。

  2012/02/01 08:46 #:13189

じゃあ早く建設国債発行して予算成立させて復興しなさいよ。

  2012/02/01 08:47 #:13190

いや、みんながそういってるのに野田は原資がないから消費税って言ってる。

  2012/02/01 08:48 #:13191

国債発行できるじゃないか。

  2012/02/01 08:49 #:13192

子孫に借金残しちゃいけないって言ってるでしょ。

  2012/02/01 08:52 #:13193

借金してるのは政府で国民は子孫に財産残すんでしょ。
第一政府は借金返すことなんか難しいって今まで議論してるじゃない。
財政再建は経済政策によって税収を増加させてドーマー則を満足させる
成長を達成させる手段を考えるしかないんでしょ。

  2012/02/01 08:53 #:13194

野田に言ってよ。
国会で質問して答えを言わせてよ。
だって俺たちゃ何の説明も聞いたことない。

  2012/02/01 20:47 #:13268

つまり結論としては野田の頭を張り倒してこの話を理解させるか、もしくはさっさと解散させて
自民党あたりに国債発行させるかないということですね

  2012/02/01 21:58 #:13279

はい。そう思います。
後者が日本国のために安全と思います。

  2012/02/02 09:36 #:13313

えっ、もう締めちゃった?
資産売却による圧縮だけは終わらせといてよ。

  2012/02/02 09:42 #:13314

本当はネエ、俺はこの話はあんまりしたくないんだよ。
というのも国有財産と云うのは評価が難しいんだ。
たとえば林野庁の会計が大赤字だというのは誰でも知ってるよね。
でも何で大赤字かと云うと輸入財が安いからでしょ。
輸入財が安いのは現在の自然条件によるんで
百年、千年先が保証されていることじゃない。
それに対して日本の国の歴史は有史からだって千年以上でしょ。
山林は数十年単位でサイクルさせていくものなんで
通常の企業会計の考え方ではいけないと思う。
で、要するに資産価値評価に幅があるということね。

  2012/02/02 09:44 #:13315

それをいいことに色んなところのバケツに穴を開けて
含み赤を作るけしからん役人度もが居る。

  2012/02/02 09:46 #:13316

でも心ある役人たちも居て今までは含み黒を作ってきたということもあったわけでしょ。
そういうのって国家機密でしょ。あまり公にすることじゃない。
だから隅々をつつきまわしたくないんだよ。

  2012/02/02 09:48 #:13317

そうだな。いざ鎌倉というときにはそういう資産が働くわけだからな。
じゃあ、細かいことは抜きにして、1000兆の借金に700兆の資産を
持っていて実質赤字国債は300兆だよっていう高橋の概算を正しいものとして
考えたらどうだ。

  2012/02/02 09:51 #:13318

そうね。まずネットの300兆と云うのが国際基準の日本の財政赤字累積額だというのは
いいんでしょ。GDP500兆の60%だからそんなに悪いわけじゃない。
無論だからこそ金利が1%以下なんで、そこのところに意見の違いなんかないわけでしょ。

  2012/02/02 09:53 #:13319

さあ、どうなんだろ?
野田は子孫にィィィィってわめいていて
ネバ、ネバ、ネバ、ネバとかわけわからんぞう。

  2012/02/02 09:54 #:13320

ハハハ。
ミンスの頭張り倒すのは*181さんにおまかせしてだね。
俺達はミンスからは今離れて普通の考え方しようよ。

  2012/02/02 09:59 #:13321

実質300兆の国債の86兆を日銀がオペレーションで保有してるって
かなりの量だね、そういうことになると。3割弱だ。

  2012/02/02 10:06 #:13322

まず残りの700兆に対する利払いから考えてよ。
それは同額の資産700兆からの収入と対応させておかないといけないよね。
国債の利息は政府がその保有者である国民に支払う。政府資産からの収入は
国民から吸い上げて何らかの形で国庫に入る。ただ入り方が税収だけでなくて
たとえば電力会社のダム使用量負担金とかそういう形になってるから
本当を言うと一般会計の利払いは収入と対応していないね。特別会計も
あわせないと全体は見えない。でも、それはここではいいでしょ。
大事なことは資産運用で損を出すなよってことね。運用次第なんだ。

  2012/02/02 10:08 #:13323

実体は独法でボロボロなんだね。

  2012/02/02 10:14 #:13324

すると残りの300兆のうち83兆を日銀が持っているということは
あと217兆日銀が国債をオペレーションを使って買い取ったら
政府の実質赤字国債はゼロになるって分かるでしょ。

  2012/02/02 10:17 #:13325

そういうことか。
銀行から100億借りているが
当座預金を100億持っていて
そのまま返済してない会社と
同じなのか。
その国債の日銀保有分って結局なんなの?

  2012/02/02 10:20 #:13326

輪転機で印刷された偽札だよ。
偽札も政府が発行すると本物になる。
さっき1000兆の政府紙幣刷ったらどうなるかって
検討したじゃないか。
300兆刷ったらどうなるのって話さ。

  2012/02/02 10:21 #:13327

インフレになるんでしょ?
そのぶんだけ。

  2012/02/02 10:32 #:13328

少なくとも83兆発行しているがデフレのままだ。
前にも書いているように流動性の罠に嵌ってるからね。
金を幾ら与えても預金されていくだけなんだ。
経済活動が活性化しないからインフレにならない。
金持ってても使わなきゃないのと同じでしょ。
しかも潜在供給能力が高いから需給バランス点が
動かないんだ。需要が増えたらすぐに対応して生産供給される。
通常の生産消費活動でインフレにならないとしたら
残された可能性は投機によるインフレでしょ。
それがクルグマンの案なんだ。国債の信用を崩して
つまりは円の信用を崩せば、供給してる本物と云う名の
偽札の量だけインフレるでしょって理屈。

  2012/02/02 10:34 #:13329

何のためにそんなことしなきゃいけないの。
目差してるのは穏やかなインフレじゃないか。
信用崩壊じゃないでしょ。

  2012/02/02 10:38 #:13330

だから日銀が採用しなかった。
というより100兆程度まで買い込んで動かないんで
それ以上やる勇気がなかったんだ。1000兆やったら
皆が円以外のものに投棄するから一気にハイパーインフレになる。
100兆以上、1000兆までの間に300兆という線があるよね。
そこまでやって動かなかったら政府借金はとりあえずなくなるんだぜ。

  2012/02/02 10:38 #:13331

ドーマー則はどうなったの?

  2012/02/02 10:44 #:13332

今、インフレーションによる政府借金の返済と云う考え方で
検討してるんで、その場合は金利は元本と込みでインフレるのさ。
関係ないんだ。
ただし、誤解しないでよ。
オペレーションで300兆保有しても決して相殺焼却しちゃダメなんだぜ。
オペレーションと云うのはあくまでも一次保有なんで景気が過熱したら
売り戻して日銀は市場から本物と云う名の偽札を回収するんだよ。
仮にその時期が永遠の未来であってもね。
相しないと信用崩壊が起きるリスクが高い。

  2012/02/02 10:50 #:13333

そういう仕組みなのか。
プロの世界なのね。
野田って頭にペンペン草が生えてんのかなあ。

  2012/02/02 10:54 #:13335

ミンスのことはもういいよ。
期待した国民が悪かったってことさ。
もし300までイージングして
物価もしくは景気が動かなかったら
それは金融理論に対して新しい事態が
発生しているということになるんだろうな。
なにしろ、流動性の罠って各国が国債発行による
政府の公共投資なんかまるでやってなかったころに
ケインズがズット先を読んで予言した事態なんだよ。
実際にそうなったのは日本が初めてなんだ。

  2012/02/02 10:56 #:13336

クルグマンがびっくりして一番に分析に入ったというのは
さすがにノーベル賞受賞学者だね。
でも今、事例は世界に広がろうとしているんだね。

  2012/02/02 10:58 #:13337

日本の経済学者たちは今研究してないと又ノーベル経済学賞を
他国に奪われて日本は永遠にとれないぞ。

  2012/02/02 14:08 #:13345

あと217兆って、
今信用乗数って10程度でしょ。
2170兆の信用創造が行われるのね?

  2012/02/02 14:14 #:13346

経済が動き出せばね。
流動性の罠に入っている限りは
日銀の各銀行口座に置かれっぱなしさ。
これからはっきり動くと分かっているのは
政府の震災復興投資、東電の賠償支援だね。
金の流し方次第では乗数が効くんだけどなあ。
とにかくこんなデフレ下で消費税なんて、、
ネバ、ネバ、言ってたってなあ、、、
ネバー、ネバー、ミンスね。

  2012/02/03 22:01 #:13438

なあなあ
素人考えなんだけど流動性の罠ってようするに国内で経済活動の需要がまるきし起きないから資金の流れが死んでるってことなんでしょ?
じゃあ政府主導で強制的に国内に経済活動の需要を起こして見たら駄目なの?
大規模公共事業でもいいけど、たとえばエコポイント制度の拡大版で消費活動を喚起するとかできないの?

  2012/02/04 04:22 #:13466

インタビューの相手がヘッジファンドの創業者でしょ。何を狙っているのか見え見えじゃん。ギリシャ破綻の原因にもヘッジが関わってるらしいしな。こいつらは自分らが得をすればそれで良い奴らだよ。全く信用度ゼロだろ。日本が破綻するならその前にアメリカが破綻するわ。それとジェームズスキナー。こいつもアフォ。アメリカに帰れ。

  2012/02/04 19:08 #:13509

>>209

リーマンショック時に麻生がやったことです。
今は震災復興で必ずやることになる。
ミンスではできません。知恵がない。

  2012/02/05 07:39 #:13535

税と社会保障って何の関係があるの?

社会保障費って俺達の負担している各種の保険じゃなくて
社会保障に関わっている公務員の給与待遇だもんな。
足りない足りないって民間は所得半減してるのに
自分たちは上げ続けているんだもの、足りなくなるに決まってる。

  2012/02/05 07:40 #:13536

社会保障費ってひとくくりにしないで
具体的に誰の人件費がどれだけでと示せないんだよな。
バレちゃうから。

  2012/02/05 07:46 #:13537

社会保障費と云う名目にしとくとあたかも国民のためと聞こえるからな。
実際には特別会計に繰り込まれて天下りという赤ん坊ののミルク補給に
使われる。
税と社会保障じゃなくて
社会保険料と社会補償となるのが普通でしょ。
社会保険料を増やしてもそれは預かり金だから手をつけられない。
税金による補填と云う形で役人がチュウチュウ横から吸い取るわけだ。

  2012/02/05 07:48 #:13538

足りないのは天下りという赤ん坊のミルク代なんだね。
補助金行政の行き詰まりか。
ミンスじゃだめだね。

  2012/02/05 07:53 #:13539

行政改革をやるといの一番に公約しておきながら
票田に反抗できなかったということだろうね。
行政改革やれないと16兆円なんて出てこないからね。
財源が出てこなけれ社会改革は単なるバラマキ公約になってしまう。
だから80兆程度の予算がミンスになってから90兆台になってる。
しかも特別会計に隠しこんでる分まである。
財源なしにばら撒いたからこうなったんで社会保障なんて関係ない。

  2012/02/05 07:55 #:13540

高校無償化とか子供手当てとかは経済学的には意味があるんでしょ?

  2012/02/05 07:58 #:13541

不況の原因が所得と消費のアンバランスにあるという意味で
一番使う層に再配分するのは経済学的に意味がある。
でもそれは天下りにばら撒かれて彼らの預金になって
死に金になってる分を回すから財政に負担をかけない
経済政策になるんでしょ。公務員改革がやれてはじめてできることだよ。


  2012/02/05 08:01 #:13542

アメリカはQE3をやりそうだね。
日本はどこまでも今のままでは済まないでしょ。

  2012/02/05 08:04 #:13543

今少し失業率が下がってきていてその必要性が薄れたと言ってるけど
急激にインフレ加速しないように社会心理をコントロールしている。
所詮やることになる。
海外債務が大きいから為替で薄めてるんだ。

  2012/02/05 08:07 #:13544

EUもイージングしてるから日本だけ取り残されてるね。

  2012/02/05 08:10 #:13546

為替と云うのは損得両面あるからね。
外国から円建てで買うときは有利でしょ。
外貨準備なんて評価損だしてるけどドル建てで
戦闘機買うときは同じだから使い分ければいい。
ただ、日本が今デフレで雇用がいけないんで
対外的なことはバランスをとらないといけないから
所詮日本もある程度イージングすることになる。

  2012/02/05 08:11 #:13547

軍事力が強くて借金してる奴っていいなあ。
踏み倒しても文句言われない。

  2012/02/05 08:15 #:13548

ははは、でもそんなことは分かって今まで売ってたんでしょ。
物をたくさん相手にやって紙切れ貰って喜んでたんだから
自業自得でしょ。いやなら人にやらないで自分達で使えばよかったんでしょ。
そんなこと言ってたら中国なんて今欧米はみんな逃げてるけど
もうすぐバブル崩壊してみんなぽしゃっちゃうぞ。
カントリーリスクの高さを承知で今まで入れ込んできたんだから
これも承知の自業自得でしょ。

  2012/02/05 08:19 #:13549

日本人ってあんまり利口じゃないと思うなあ。

  2012/02/05 08:23 #:13550

うん、残念だけど、まあ、一応前回初めての世界大戦に参戦して
ケチョンケチョンに負けたという事実は俺達があんまり利口ではないということを
実証しているから、反論できない。
これからまた官僚のバカさ加減がもう一度国を滅ぼさないように公務員改革を徹底的に
推し進めさせないとまた過去の軍事官僚の過ちが再現する。

  2012/02/05 08:24 #:13551

政治家は今の事態を解析できてるんだろうか?

  2012/02/05 08:26 #:13552

やっと今頃になってどうもコレジャいかんと気づき始めたかな。

  2012/02/05 08:27 #:13553

問題は何なの?

  2012/02/05 08:28 #:13554

世界の金融システムが壊れそうなこと。

  2012/02/05 08:29 #:13555

経済がグチャグチャになるの?

  2012/02/05 08:33 #:13556

実物経済と金融は基本的には無関係。
不便を忍んで物々交換すれば金融はなくても経済は壊れない。
経済力というのは生産力さ。
でも金融は健全ならばあったほうがいいに決まってる。

  2012/02/05 08:35 #:13557

何が原因なの?

  2012/02/05 08:36 #:13558

不換紙幣の乱発。
管理為替体制の管理の緩み。

  2012/02/05 08:38 #:13559

これからどうなるの?

  2012/02/05 08:40 #:13560

通ってきた道を後戻りはできないんで前を切り開きながら進むしかない。
それがQE1、QE2、そして次にQE3が何らかの形で実施される。

  2012/02/05 08:41 #:13561

日本はどうするの?

  2012/02/05 08:42 #:13562

日銀が様子見てる。

  2012/02/05 08:44 #:13563

アメリカはデフレにも陥っていなければ流動性の罠に陥っても居ないね。

  2012/02/05 08:45 #:13564

そりゃあ、あれだけの規模でイージングしてるんだよ。

  2012/02/05 08:46 #:13565

日本も昔やってたらこんな事態になってなかったんじゃないの?

  2012/02/05 08:53 #:13567

おいおい、円と世界の決済通貨であるドルと一緒にしないで。
世界中に迷惑かけまくっていい貨幣と所詮国内でしか動いていない
貨幣を混同しちゃいけない。
円と比較したいんならユーロの今後を見てればいい。
彼らが流動性の罠に陥らなかったら、或いは要請される政策が
不本意ながらも流動性の罠を招来しないですむ道があるなら
そのときは日銀は過去間違えたのだと言っていいよ。
それにアメリカももう政策が手詰まりになっていて
これからどうなるかわからない。今のところクルグマンの手法を
デフレに陥る前に行っているから何とか小康しているが
いつ、通貨信用の崩壊も覚悟するイージングに陥るか分からない。

  2012/02/05 08:58 #:13568

クルグマンに限らずマネタリストってこの金融システムを
壊した張本人じゃないの?

  2012/02/05 09:02 #:13569

第二次世界大戦で世界中の実物経済が崩壊した。
それを再建したのがアメリカの世界経営なんで
その復興計画に従って他国が回復してきてアメリカ自身の
経済力優位を脅かすようになってきたんで、優位な場所、
優位な場所と求めて金融にシフトしてきたんだ。
こういう歴史と云うのは世界中の皆が始めて経験していることなんで
みんな初体験なんだよ。

  2012/02/05 09:05 #:13570

試行錯誤している最中なのね。

  2012/02/05 09:07 #:13571

こういうときは自身の傷を舐めとけっての。
いずれ何をするにも公務員改革が問題になる。
何していいか分からないときはジット様子を見て
自分の不具合を直しとくんだよ。

  2012/02/07 08:40 #:13720

公務員改革って結局なんなの?

  2012/02/07 08:41 #:13721

公務員を公務以外の場所で遊ばせないことだよ。

  2012/02/07 08:43 #:13722

公務以外の場所って?

  2012/02/07 08:50 #:13723

基本的に全員を役所の中に戻して正しいピラミッドによる給与体系待遇に戻すことさ。

  2012/02/07 08:51 #:13724

独立行政法人なんて潰しちゃうってことか?

  2012/02/07 08:54 #:13725

そもそも省庁の下部組織に過ぎない機関を独立させてそこの長の待遇を
事務次官以上にしてるって、国民の税金を窃盗しているといわれても仕方がないでしょ。

  2012/02/07 08:57 #:13726

それどころか独立行政法人の下にどれだけ政府関係企業を作って
その天下り役員たちの待遇がどうして事務次官以上なんだってことな。

  2012/02/07 09:00 #:13727

一旦、全部本来の役所に戻して事務次官の下に一元的にピラミッドを復活させる。
事務次官を1年や2年の通過ポストなんかにしてんのは日本だけだぞ。

  2012/02/07 09:02 #:13728

これから定年65歳なんかにしていくのに今のままで食わせ続けられるわけないだろうからな。

  2012/02/07 09:09 #:13730

一旦戻すとどれほどの余剰マンパワーがあるか分かるでしょ。
そのときに初めて本格的な民営化の必要性が理解されるはずだよ。
政府関係企業としてでなく独立的に経営できる事業が沢山あるということに気づくんだ。
当然市場価格としての賃金でやればね。
普通にやれば立派に経営されていくはずの組織が人件費を市場原理に曝さないで
どんどん高騰させて赤字に転落させ、それを税金で救っている。それが
政府関係企業の実体でしょ。
その税金って一般会計から特別会計に移されて、補助金として流されている。

  2012/02/07 09:10 #:13731

政治屋をはじめとする利権団体の群がって居るところだね。

  2012/02/07 09:13 #:13732

うん、まあ、ここんところがなあ。
政治って旨みもなくて誰がやる気になんのかなあってところがあるでしょ?
本当は日本国を質実剛健にしたいという誰でも考えることから出発してても
いざ現実に直面すると頭抱えちゃうことってあるよな。

  2012/02/07 09:18 #:13734

余剰マンパワーっていうが
実質的な失業を公務が救ってるってところがあるんでしょ?
公務員は遊んでるって言って非難されてるんだけど、
仕事がないから公務員枠を増やして採用してやってるんでしょ。
若い奴増えれば上は遊んでるしかないわな。

  2012/02/07 09:26 #:13735

はい、そこが日本の経済政策と結びつかなくちゃいけないところだね。
民間に仕事がないから政府が雇うというのは失業手当の気前のいいのを
配ってるに過ぎないでしょ。
民間が流動性の罠に陥って自発的に投資活動をしないから現在の日本のデフレがある。
政府が事業を起こさないといけないだよ。
209さんの意見は正しいんだけど現在の政府の組織ではできないでしょ。
お手盛り人件費の実現のための事業は必要ない。
本当に将来的に民営化していける殖産興業的な政府事業経営が必要なんだよ。

  2012/02/07 10:07 #:13737

民間は期待利潤率がないと動かないからな。
動けるのは政府セクターしかないんだよな。

  2012/02/07 10:10 #:13738

でも利益が期待できないから民間が参入しないのに
政府がやったって利益は出ないでしょ。

  2012/02/07 10:11 #:13739

政府は利益出さなくてもいいんだぜ。

  2012/02/07 10:12 #:13740

そんなこと言ってたら大赤字の事業になるだけでしょ?

  2012/02/07 10:18 #:13743

そこんとこに政府事業の誤解があるのね。
そもそも今ある政府事業って役人の余った奴を
遊ばせて食わせるために作られてるんで
最初から経営なんて念頭にない。
政治家も抱きこまないと作れないから政治家にも分配する仕組みになってる。
最初から支出だけの会社なんだぜ。

経済政策としての政府事業と云う考え方はこの流動性の罠に陥っている
日本経済が長期的なデフレによって投資の衰退を引き起こして
最終的には生産力基盤を衰弱させて供給能力を崩壊させて
結局、財政金融による流動性過剰がハイパーインフレに転換するのを
どうやったら防げるかと云う視点から発想されている。

  2012/02/07 10:24 #:13744

そうか、現時点のデフレ下では利益がないが
軽いインフレになれば普通にやっていける会社の元を
沢山作っておくということか。
インフレになりそうになったらどんどんそういう会社を
民営化していくってことだな。
そのためには作ってる時点で既に民営化可能な体制になっていなければならない。
天下りなんてとんでもないってことだな。
役所の一機関が監督しているだけの会社でいいと。

  2012/02/07 10:29 #:13745

橋下がカジノ経営したがってるが
あれも最初は公務員によって経営させておいて
いずれ規制下で民営化してカジノ税をとるだけでいいわけさ。
民営化すれば公務員ではなくなる。
税金を重くしてればとんでもない給料にはならない。
要するに今居る公務員に本当の収入を得させてそれで
食っていかせるわけね。民間と同じさ。

  2012/02/07 10:35 #:13746

今の政府経営会社って支出だけの会社と考えればすべての疑問が解けるってことだね。
要するにもともと役所の中が税金で維持されているのがあたりまえだったところから
組織だけあたかも会社みたいな振りして分離させてるだけってことなんだね。
その政府経営会社を少々赤字であってもそもそもの本物の会社にしようということなら
少なくとも今ある会社は全部潰して役所の中に戻すという発想になるよな。当然。
そこから本当に日本の将来のためになる事業を起こして失業手当の贅沢なので
食ってる公務員を本当の給料で食えるようにしてあげようってことか。

  2012/02/07 10:37 #:13747

政府が民間の資金を食って民間に資金が足りなくなるのを
クラウディングアウトというんだけど
それなら政府の中に民間を作ってその資金を効率的に使わせるということだよ。
民営化したときにはクラウディングアウトは解消されるじゃないか。
要するに日本の貴重な人材を遊ばせてちゃだめよってことね。

  2012/02/08 08:48 #:13823

岡田がまた行革だぁぁぁって叫んだけで
尻すぼみね。

  2012/02/08 08:50 #:13824

ミンスに何ができるかね。
何にも分かっちゃいないのに。
天下り補助金補給のために消費税ってだけの話に
色んなクチパクくっつけてるだけで
国民は言い出したときから既に裏が見えてる。

  2012/02/08 08:50 #:13825

学芸会終わらないねえ。

  2012/02/08 09:49 #:13828

今回のはFRB自身の株主であるロスチャイルドをはじめとする財閥の行った不始末だからね。
FRBが放置しておくことはできなかったろうね。それに放置するには余りに規模が大きすぎる。

  2012/02/08 09:54 #:13829

そういうことだね。
これからちょっと長いぞ。
世界中が収束するまでに50年くらいかかるんじゃないかな。

  2012/02/08 10:00 #:13830

50年かけてドルの減価を行うのね。
同時にドルに連動させて世界中が自国通貨を減価させる。
その後にインフレによって物価調整がなされる。
要するに発行した紙幣の量に対して物価が調整されてくるのを
待つということね。

  2012/02/08 10:06 #:13831

生産力余力が大きいからね。単純な貨幣数量説は成立してないからな。
流動性のわなの中で大量の資金が行き場を失ってうごめいてる。
50年かけてインフレに向かうということはこれから貨幣の価値が
下がるということだから、一部の金が金や株に向うんだけど
所詮全体的にはデフレマインドが強くて短期的には皆がついてこない。
だから相場も上下しながら徐々に変化するんで、一気に
貨幣の信用崩壊が起こることはない。逆に言うとデフレから脱出するのに
条件が熟してくるまでひどく時間がかかるということになるんだろうね。

  2012/02/08 10:12 #:13832

それもこれも所詮は第二次世界大戦で全人類が実物経済を破壊しつくして
その復興のためにアメリカの力に頼ってきたことへの最終的付け払いってことか。
いいでしょ、借りは返さないといけない。
でも、日本はこれからどうして行けばいいんだろう

  2012/02/08 10:15 #:13835

日本はだって自分たちが思っているほどには小さくはないけれども
基本的にはヤッパリその自己認識は正しいんであって、所詮
小国でしょ。
小国には小国の生き方がある。

  2012/02/08 10:17 #:13836

まあ、大国でも小国でもない中間規模国じゃないの。
だって結構小さい国って多いよ。
中間規模国には中間規模国の生き方があるということでどうだい。

  2012/02/08 10:22 #:13839

もちろん、それだっていいよ。
正しい自己認識さえあれば。
所詮地球号の一員に過ぎないんで
自分たちだけで生きていくことは
どんな国だって無理だろうね。
互いに鎖国して自分たちの世界を
全世界とみなすんならその全世界に
見合った人口に自然に
縮小されていくでしょう。
でも、今の情報化の流れだと
それも無理でしょ。
全体を観察しながら自分たちの生き方を
模索していくしかないでしょ。

  2012/02/08 10:23 #:13840

全体を観察してるとどういう方向に向ってるの?

  2012/02/08 10:24 #:13842

今言ったじゃない。
発行済み貨幣の長い時間をかけた減価。

  2012/02/08 10:26 #:13844

じゃあ今金持ってる人たちは資産運用して減価を避けなきゃいけないでしょ。
日本も沢山海外資産持ってるし?

  2012/02/08 10:34 #:13845

バカだねえ。
金持ってる同士のゼロサムゲームって
経済学とは何の関係もないでしょ。
ドイツはギリシァを救済すべきであるという
命題の前にそれは損だという理屈に何の意味がある。
損じゃないなんて誰も思ってないのに。
金は今幾らになってる。貨幣価値が今の半分になったころ
金の価値はそんなにないぞ。今から金を買うという人の頭の中が
どれほど無知か良く反省しないと。
経済学的に一番重要なことは日本がこれから必要な物資の
生産力を絶対に落さないということでしょ。
この金融と云う紙切れの動きに惑わされて、
工場や人間と云う実物の働きを失うなよってことじゃないか。

  2012/02/08 10:38 #:13847

さはさりながら同時に上手に資産運用をする人がいたとしても困りはしないだろうけどもな。

  2012/02/08 11:13 #:13850

complex interdependence って、だからといって国家の独立を否定しているわけではない。
各国は各民族は地球の自然環境の変化に備えて、多様性による保険のために
自己をよく保存しておかなければならない。

  2012/02/08 11:15 #:13851

プサヨみたいにオハナバタケってんじゃねえぞってことだな。

  2012/04/10 11:52 #:19501

逆を言っている。



新着オススメフットライン
新着記事
05/24 日本人の結婚離れ 去年の婚姻件数は63万5000組 戦後最少にwww
05/24 西日本人「雑炊するから残った汁鍋に戻して」 東日本人「え?」 西日本特有の風習が汚すぎると話題に
05/24 欧米人「日本人みたいに汚い音を立ててスープをまき散らしながらラーメンを食べるのは絶対に嫌!」
05/24 韓国の百貨店「中国人観光客の購入金額は6万7540円。日本人観光客の購入金額はなんと僅か7400円」
05/24 日本が世界に誇れるものってなんなの?
関連記事
コメント投稿


管理者にだけ表示を許可する


  

日本国債バブル「18カ月以内に崩壊する」 米サブプライム危機を予見した男、「日本売り」公言

1依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★2012/01/29(日) 21:31:20.95 ID:???

 日本の公的債務は間もなく1000兆円を超える見通しで、財政問題はのっぴきならない
状況にある。欧州を揺るがす債務危機が日本に波及するリスクはないのか。「日本売り」
を公言する米有力ヘッジファンド、ヘイマン・キャピタル・マネジメントの創業者、カイル
・バス氏に日経ヴェリタスが聞いた。

 ──日本国債に以前から警告を発しています。

 「過去20年間を振り返ってみましょう。この間、日本では名目国内総生産(GDP)が
減り、株価はピークから8割下げました。住宅価格も7割の下落です。そんななかで、
唯一価値を失わなかったものがあります。日本国債です。長期金利は低下(価格は上昇)
を続け、日本国債は最も運用成績の良い金融資産だったのです」

 「私が住む米国でも、ほぼすべての人が絶対に下がらないと信じ込んでいた資産があり
ました。住宅です。しかし、米国の住宅市場のバブルは崩壊しました。果たして日本国債
の安全神話はずっと有効なのでしょうか。答えは明らかにノーでしょう」

■深刻な構造変化 14年に経常赤字か

 ──いつ日本の危機が顕在化するとみていますか。

 「私は国債バブルの崩壊が今後18カ月以内に起きるとにらんでいます。詳しいことは
お話しできません。しかし、日本の長期金利の上昇と為替の円安に備えたポジションを
すでにとっています」

 「日本の公的債務はGDPの229%と世界で最悪です。2011年度の税収はざっと41兆円。
これに対し国債の利払いが11兆円にも達しています」

 「(私の試算では)金利が今の水準より1%上がるだけで、10兆円規模の利払い負担が
増える計算になります。これが2%の上昇となれば、計算上は日本の財政が持続できなく
なり、実質的に破綻することもあり得ます」

 ──日本の国債バブルの崩壊はずっと言われてきたことでもあります。なぜ、今なので
しょうか。

 「これまでにない深刻な構造変化が起きているからです。震災後の原発停止で割高な
液化天然ガス(LNG)の輸入が急増し、日本は昨年、31年ぶりに貿易赤字になりました。
今年も状況の好転は期待しにくいでしょう。自動車や電機などの製造業は拠点をアジアに
移しています。生き残りを賭けた企業の動きは、もう後戻りできません。私は14年半ばに
日本が経常収支でも赤字になるとみています」

 「12年度に財政赤字のGDP比は約10%まで上がるでしょう。日本の人口は過去3年半
で290万人も減りました。少子高齢化もいよいよ深刻になっています」

 ──財政の立て直しに向けた日本政府の取り組みはどうですか。

 「日本の政治には大きな問題があります。増税を打ち出した首相はみな強烈な反対に
あい、退陣を迫られる事態を繰り返してきました。野田政権は消費税の引き上げの方針を
明確にした昨年12月、支持率が一気に下がりました。増税が実現する可能性は低いと言わ
ざるを得ません」

2@@@ハリケーン@@@φ ★2012/01/29(日) 21:32:07.07 ID:???

■日本の当局者も危機を覚悟

 「日本の財政が持続可能でないのは明らかです。この間訪日した時に、日本人も同じ
問題意識を持っていました。例えば、ある日本の当局者に『ギリシャの債務不履行(デフォ
ルト)があったとして日本はどうなるか』と聞かれ、『遅くとも2、3年で同じ危機が
起きますよ』と言うと、『いやそんなことはない。5~7年は大丈夫だ』と言われました。
つまり時期はともかく、日本の関係者もいずれ本格的な危機に直面せざるを得ないと思っ
ているのです」

 ──日本政府の12年度予算案に対しても、ずいぶん厳しい見方をしているようですね。

 「これほどの茶番はありません。社会保障費は一般会計ベースで約26兆3900億円と前年
度から8%減っていました。一般会計の総額も90.3兆円と前年度を下回り、一見すると
立派な予算案です。ただこれには看過できないトリックがありました」

 ──どういう意味でしょう。

 「一般会計から切り離し、『年金交付国債』なる耳慣れないものが登場していたのです。
これは基礎年金の国庫負担分2.6兆円を、将来の消費税増税で償還して穴埋めする仕組み
です。まだこの世に存在せず、実現する保証もない増税をあてにして交付国債を発行する
。こんなことが許されていいのでしょうか」

■公的債務と民間資産を同列にとらえるな

 「米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは新規国債発行額を約44兆円
に抑えたという日本政府の主張はナンセンスだと断じました。当然でしょう。特別会計で
別枠扱いした交付国債や震災復興債を合わせると総額は約50兆円に達し、財政赤字のGDP
比は10%を超えるのです。見かけをとり繕ってやりすごそうとする日本政府に、もはや
何の信認もありません」

 ──ただ日本には1400兆円の個人金融資産があり、日本国債の投資家も9割以上が国内
で占められています。

 「よく聞く話です。まず、日本が抱える公的債務と民間の資産を同列にとらえるのは
やめるべきでしょう。日本人がいつまでも国債に投資し続ける保証はどこにもありません。
個人が銀行に預金し、銀行がそのお金を日本国債に投資する流れがずっと続いてきました。
しかし加速する高齢化は預金の引き出しを招き、金利の低下を支えてきたこの循環は断ち
切られることになるでしょう」

3@@@ハリケーン@@@φ ★2012/01/29(日) 21:33:08.98 ID:???

 ──国債市場の危機はどのように到来すると予想しますか。

 「今の市場が均衡を保っているのは極めて心理的な要素に基づいていると思います。
『過去も大丈夫だったから、当面は何とかなるだろう』という心理です。しかし金利上昇
は、ある日突然起きるものです。ギリシャがそうでした。国債入札の札割れといった深刻
なイベントが何も起きなかったのに、唐突に金利が上がり始め、一気に欧州危機が訪れま
した。人々の物の見方は一瞬にして変わります。日本だけが例外でいられる理由はありません」

 ──日本の投資家はどうすべきだと思いますか。

 「国債市場が崩壊すれば金利が急上昇し、預金をしていた一般の人々が最も大きな損失
を被ります。私ができるアドバイスは、円資産をできるだけ手放した方がいいということです」

 「これからは、自律的な経済成長が可能で、金融の膨張や信用創造に頼ってこなかった
国に投資すべきです。生産性の高さや若い労働者がいる人口構成も重要な要素です。条件
に合致するのはカナダやノルウェー、豪州、インドネシア、インドなどでしょう」

<以下略。省略部分はソース参照>
ソース:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819488E0E4E2E0E68DE0E4E2E3E0E2E3E099E3E3E2E2E2


6名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 21:34:16.78 ID:LFarClOL

ということはたぶん崩壊はないな



11名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 21:35:51.86 ID:gerShleT

消費税上げて企業減税を促進したい日経が必死なのは分かった



14名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 21:37:13.41 ID:gerShleT

確実に儲かる話を不特定多数にペラペラ喋る阿呆は投資の世界に存在しない



16名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 21:37:40.03 ID:uCOhJwLi

根拠を示さず妄言を記事にするのが日経。

 昔からこればかり。


   日経は一度廃業したほうが良くないか?



18名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 21:37:53.06 ID:8v5HCugA

>>1
こりゃ当分円高だな。



34名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 21:44:03.39 ID:236iZ7CK

これは急いで 民主党解散ささなあかんわ 



37名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 21:45:04.26 ID:Zhd7kunf

よし、パソコンのカレンダーの2013年7月29日の所に、このスレを記録しておいたぞ。
2013年7月29日に、このスレを読みなおそう。



39名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 21:45:24.95 ID:UByTjtPx

やたら海外からの増税圧力があるな



43名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 21:46:30.13 ID:zpTzQ3Yk

儲け話を他人に話す馬鹿はいない



44名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 21:46:40.52 ID:LailOe/0

ああ、と言うことは大丈夫なんだな。



52名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 21:48:37.71 ID:qjLC+t5F

地方公務員の給与は半分でいいよね。



56名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 21:51:23.98 ID:Z/RcAXwX

そんなことより日本より先に逝っちゃう国が多いんじゃない?



58名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 21:51:32.01 ID:Lcmk0R1Z

債権価格が下がったら金融緩和すればいいじゃない



74名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 21:56:31.44 ID:QMcU0X2J

投資家が飯の種をペラペラしゃべるわけないだろ
あるなら日本国債を動かして儲けたいという願望だけだろ



79名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 21:57:51.30 ID:MohvyOVs

しかしほんと
こういうクズい投機家はなんとかならねーのかなあ
可能なら儲けるために世界中の経済壊滅させる
事もやるだろうし。



92名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:04:59.16 ID:QMcU0X2J

破綻したら、他の国に貸したお金も回収しないとねw
当然でしょ?w

債権を放棄するとかありえないから、調子に乗ってる投資家は痛い目見ろよ



94名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:05:33.98 ID:VLt4ITMi

国債の金利上昇を抑えたいなら日銀にじゃんじゃん国債買わせるしかない



98名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:07:16.60 ID:SPWv15Go

>>94
それを待ってるんだけどねw無理矢理金融緩和。



104名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:10:01.36 ID:pqZjuTGR

日経wwwwwww



124名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:18:15.29 ID:Sa7FGA40

言ってることは正しいが18ヶ月ってのは有り得ないな。
金融業なら、それこそ1ヶ月もあれば資金を動かせるだろうが
製造業の場合は、土地、建物、人が付いて回る上に、役所との折衝があるから
そんな簡単に動かせない。



134名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:21:12.60 ID:c3aW2zjJ

日本の財政がおかしいということは誰が見ても明らか

アメリカのサブプライムよりもはるかに「おかしい」ということが分かりやすい

素人でもわかるから



155名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:28:45.58 ID:NJNi6B/E

>>134

円は宗教だから。



164名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:30:38.42 ID:c3aW2zjJ

>>155
通貨が宗教

信用で成り立っている

インフレとは通貨の価値が下がること
すなわち、通貨という宗教の崩壊



165名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:31:01.33 ID:0DZvZVsQ

暴落するなんてことはないな
債券持ってるほとんどが国内勢なんだから

日本人の我慢強さと、国を信じるアホさ加減をなめ過ぎてるなこの外人わ



175名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:33:16.75 ID:mawWHTZq

>>165
国内で消化できなくなったときはどうする?



194大阪3区民 ◆7ekwL0V8mo 2012/01/29(日) 22:37:30.09 ID:CehwF465

>>175
おそらく財務省は歳出を削る方向に動く。
市場が消化できる分しか日本国債を発行しない(できない)以上、
切りやすい福祉予算に大鉈を振るうだろうね。



209名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:42:33.82 ID:mawWHTZq

>>194
事前に大なたふるってでも札割れを回避できれば良いけどね。
政治的には難しいだろうな。福祉予算削減とか。



224大阪3区民 ◆7ekwL0V8mo 2012/01/29(日) 22:45:58.05 ID:CehwF465

>>209
市場が消化できない規模の国債を発行しても無駄だしね。
お金が集まらないから予算執行不能に追い込まれるだけじゃないかな?
まあより悪い方向へ追い込まれるわけだが・・・



253名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:50:47.84 ID:mawWHTZq

>>224
去年、アメリカで一部予算の執行が出来なくなっただけで相当混乱したのに、
日本で予算が執行できなくなって公的部門のサービスがストップしたら、
それだけで死人が出るだろうね。



262名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:52:17.10 ID:b64SCfjX

>>253
いつものことだろw
予算執行できないなんてクリントン時代にもあったこと



286名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:57:38.67 ID:mawWHTZq

>>262
状況がちがうでしょう。クリントン時代は経済が好調だった。
今回は、連邦債務上限の引き上げを認めてもらう代わりに、将来の大幅な歳出削減を飲まざるを得なかった。
政治的にはオバマの完全な敗北で、財政による景気刺激策はアメリカでは出来なくなった。
アメリカでさえも、債務の削減を優先するんだよ。



193名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:37:28.45 ID:Jfz86iyI

>>1
何をいまさらって感じ。こんなこと、とっくに大前研一、藤巻健史、朝倉慶、
浅井隆といった一流所が再三警告している。まともな日本人ならとっくに
認識している。
最も三橋、上念などの悪辣な輩に洗脳された人はその限りでないがな。



203名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:41:01.43 ID:rAe5kWRH

>>193
一流どころにまたスパイシーな連中を勢揃いさせてからにw



244名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:48:43.99 ID:G2McmouI

カイル・バスって何年も前からこんな事言ってたような。
いい加減損切りしたら?



255名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:50:56.11 ID:IePfPh/q

日経って、最近は東スポかヒュンダイ並みのクオリティだなwww



260名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:52:14.29 ID:tZZQnC7e

今この微妙な時期に18月も先のこと言われても、ふぅんで終わり。



265名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:53:06.44 ID:P+8GUr0i

だーかーら、日本国債は9割銀行と保険会社が買ってるんだよ。
安全な資産運用先がない中、政府の犬のように国債を買い支えてるのにそれが投げ売りされて金利急上昇・価格大暴落、デフォルトだって騒いでる連中はなんなの?
理論立てて納得いく理由を教えてくれ。>>1もそのあたりうやむやにしすぎり。高齢化で預金大流出って意味不明。



279名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:56:41.35 ID:lJH/D+cR

>>265
そうだよね。
もし外国人が多量の国債を持っていたならえらいことだが、
国内の投資家が持ってるから話が違うよね。



307名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 23:01:58.08 ID:mawWHTZq

>>279,265
今まではそうだったけど、国内に買い手がいなくなったらどうするの?って話。
さらに国債の償還が出来なければ、連鎖的に皆さんの銀行預金はどうなるの?ってこと

いっそのこと、国債の買い手が全部国外だったら、デフォルトしても損をするのは外国なんだけどね。



347名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 23:10:33.47 ID:07IWyNWC

>>307
意味ワカランね。
結局、おまえさんの「もし~」ストーリー解決のソリューションは増税につながらないし。
円建て債券である以上関係ない。
だいたい、円建ての債権償還できないできないって何を言ってるんだ?

おまえさんは何を言われても、
「増税するしかないんだ~!」
「日本国債は破綻する~!」
と叫び続けたいだけだろ。
カラオケでも行って、アカペラで叫んでろよw
すっきりするぜ?



409名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 23:21:18.23 ID:mawWHTZq

>>347
日本の金融資産総額を国債発行額が越えたら、誰が国内で国債を買うのか?
今のままで国債発行せずにどうやって償還するのか?

考えれば分かるだろうに・・・



421名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 23:23:34.49 ID:XZqy0Wy6

>>409
国内消化してるうちは、金融資産の総額を国債総額が超えることはありえない
国債が増える一方でありながら、日本全体の純資産はなぜ増える一方なのか
ちゃんと考えてみたらいい
国内で回してる借金はバランスシートの付け替えでしか無いのだから



383名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 23:15:48.38 ID:Sm+taohx

日本国債の90%超を日本国内(銀行、生保等)が保有してるのに
誰が投げ売りするんだ?

「暴落」って大口が投げ売りするから起きるんだぞwww



405名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 23:20:33.73 ID:XqAXcl5p

>>383
そもそも国債の暴落って言うのが意味わかんない
円安になって外人から見たら価値が減るというのは
あるが額面1億円の国債の価値は1億円だろうに



441名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 23:27:39.52 ID:rAe5kWRH

>>405
市場価格は上がったり下がったりするでしょ
満期まで持ってたら確実に満額戻ってくるけどね デフォルトでもせんかぎり

だから、仮に国債価格が暴落したらすでに国債所有してる金融機関とかは
売却したら損するから満期まで売却しないと思うけどな



523名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 23:47:58.89 ID:XLBTvFpf

>>441

違うみたいよ。

日本国債の金利が上昇すれば銀行は含み損が発生し
自己資本比率が低下する。



539名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 23:51:19.18 ID:AWjuiWvF

>>523
銀行の自己資本比率は金利じゃなくて格付けで決まる(BIS規制)
ただ、この格付は自国通貨建てであれば政府の裁量により
自由に設定していいらしいので、銀行の自己資本比率が
政府財政の影響で毀損する事はない



401名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 23:19:38.51 ID:n1SuiCGD

>「暴落」って大口が投げ売りするから起きるんだぞwww

いや レポ取引って言って空売りする手があるよ
ただ、期限内に国債を買わなきゃいけないから、買うときに値上がりしてたら大損するけどねw



237名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:47:54.99 ID:O7AXxAev

2011年12月02日
カイル・バス氏 「数ヶ月以内に日本崩壊」
http://uskeizai.com/article/238261152.html

2011年12月27日
カイル・バス氏 「12ヵ月以内に日本が倒産する」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/30728

2012年01月29日
カイル・バス氏 「18カ月以内に崩壊する」
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819488E0E4E2E0E68DE0E4E2E3E0E2E3E099E3E3E2E2E2



248名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 22:49:37.84 ID:rAe5kWRH

>>237
ぶはww 段々伸びてるw

次は阿呆なエコノミストがよく言うコメント
「中長期的には問題が生じる可能性がある」
ですな



348名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 23:10:44.73 ID:mBkQqECe

>私ができるアドバイスは、円資産をできるだけ手放した方がいいということです


これが言いたいだけだろ



335名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 23:07:39.38 ID:IMBiT6je

一度リセットしようや いい機会だ 
若い奴にはそのほうが絶対いいよ



336名刺は切らしておりまして2012/01/29(日) 23:08:30.08 ID:Qo0QnaSq

>>335
それが一番なんだけどね
年金医療ばっさりいければね
無理だろうけどw



 以下コメント欄となります
  2012/01/30 02:56 #:12804

カイル・バス:円が欲しくてたまらないでちゅー。

貶して値が下がったら儲けもので、すかさず買って値が戻ったら売るつもりなんだよなw
セコイわw
ま、少なくとも生きてる間くらいは下がんないけどねw

  2012/01/30 03:17 #:12805

アメリカ国債のがやばいっつーのw
で、そのアメリカ国債を大量に持ってる日本は確かにやばい
時の総理大臣が「アメリカ国債ちょっと手放そうと思う」ってポロっと言っただけで
速攻アメリカから「宣戦布告とみなすよ?」って言われたんだからw

要は日本人の税金で、全力でアメリカ人の借金肩代わりして、しかも「返してくれないの?」
って聞いただけで「戦争する気か?」って言われる状態w

  2012/01/30 03:32 #:12806

別に良いんじゃないの。信じた連中の分だけ円安になるんだから
どうせ、実地データ持ってるちゃんとした銀行はこんなアホ話を聞いたりしないし

  2012/01/30 04:59 #:12808

北浜と変わらん糞野郎だ。

  2012/01/30 05:16 #:12809

むしろ破綻させて外郭団体や公務員の大幅削減などした方がいいんじゃね?
日本の場合年金よりも公務員維持の問題の方が大きい。

  2012/01/30 05:34 #:12810

こんなこと言い出したならまだ大丈夫だな
危ないのはこの件に誰も触れなくなったころだ

  2012/01/30 06:42 #:12811

ポジショントークに過ぎない。
間違ってる。

  2012/01/30 06:47 #:12812

日本も危ないのは間違いない
ただヨーロッパ・米国、そして日本かも知れない

  2012/01/30 06:49 #:12813

>>
日本の公的債務は間もなく1000兆円を超える見通しで、財政問題はのっぴきならない
状況にある。欧州を揺るがす債務危機が日本に波及するリスクはないのか。「日本売り」
を公言する米有力ヘッジファンド、ヘイマン・キャピタル・マネジメントの創業者、カイル
・バス氏に日経ヴェリタスが聞いた。

へーっ? ヘッファンドってアメリカの企業年金なんかの資金を運用して増やすことによって
評価を受けて金稼いでいる組織でしょ。そんなところに、日経は何の目的で日本経済のことを
聞こうって気になったの? 日経が聞きに行ったのかよ、それとも相手が金を出して
記事を掲載させてもらってるの?



  2012/01/30 06:50 #:12814

サブプライム破綻を予測した男なんだってさ。

  2012/01/30 06:54 #:12815

ヘッジファンドってサブプライムローンを組み込んだ証券売買で資金運用してたんでしょ。
予測したのはいいが、損はしなかったってことかねえ。もしそうならゴールドマンサックス系列の
ファンドなんで情報はツウツウでしょ。あのデリバティブはインサイダーだからね。

  2012/01/30 06:56 #:12816

>>
──日本国債に以前から警告を発しています。

 「過去20年間を振り返ってみましょう。この間、日本では名目国内総生産(GDP)が
減り、株価はピークから8割下げました。住宅価格も7割の下落です。そんななかで、
唯一価値を失わなかったものがあります。日本国債です。長期金利は低下(価格は上昇)
を続け、日本国債は最も運用成績の良い金融資産だったのです」

この部分は事実ですね。

  2012/01/30 06:56 #:12817

スレタイ見た瞬間に「なんで半年伸びたの?」って突っ込もうとしたら既に>237で指摘されてた

  2012/01/30 06:59 #:12818

厳密には事実じゃないでしょ。日本国債がもっとも運用実績の良い金融資産だったというのは
それを維持している裏の仕組みを知らないで表面だけ見て言ってる。
でも、その程度はいいでしょ。表面見て国債価格が高いというところは事実だからね。

  2012/01/30 07:05 #:12819

>>
「私が住む米国でも、ほぼすべての人が絶対に下がらないと信じ込んでいた資産があり
ました。住宅です。しかし、米国の住宅市場のバブルは崩壊しました。果たして日本国債
の安全神話はずっと有効なのでしょうか。答えは明らかにノーでしょう」

日本人が国債の価格下落が起きないと信じていると思い込んでるのかな。
それどころか日銀は常時国債のセカンダリー市場での金利動向に目を光らせてるぞ。
金利が上がろうとするとすぐにオペレーションで押さえ込みにかかる。
この人は何も知らないみたいだね。日本の新聞読んでるのかなあ。

  2012/01/30 07:10 #:12820

>>
■深刻な構造変化 14年に経常赤字か

 ──いつ日本の危機が顕在化するとみていますか。

 「私は国債バブルの崩壊が今後18カ月以内に起きるとにらんでいます。詳しいことは
お話しできません。しかし、日本の長期金利の上昇と為替の円安に備えたポジションを
すでにとっています」

この部分は面白いねえ。詳しいことはいえないんだから根拠はないんだね。
ただ円安ポジションを既に取ってるというのは事実なら正しい選択だと思うね。
長期金利は上昇しなくても、これから震災対策と原発補償のためにある程度の
イージンが必要になるからね。

  2012/01/30 07:19 #:12821

>>
──日本の国債バブルの崩壊はずっと言われてきたことでもあります。なぜ、今なので
しょうか。

 「これまでにない深刻な構造変化が起きているからです。震災後の原発停止で割高な
液化天然ガス(LNG)の輸入が急増し、日本は昨年、31年ぶりに貿易赤字になりました。
今年も状況の好転は期待しにくいでしょう。自動車や電機などの製造業は拠点をアジアに
移しています。生き残りを賭けた企業の動きは、もう後戻りできません。私は14年半ばに
日本が経常収支でも赤字になるとみています」

為替が高いのはアメリカの住宅バブル破綻がデリバティブ取引を通して欧米の金融システムを
直撃したんで、日本の金融危機のときに円安誘導したように、現在ドル、ヨーロ安を容認している。
G7と世銀での話し合い結果だけど、日本もいずれ金融の量的緩和をすることになるから
為替は幾分戻ってくる。短期的な問題としては正しいだろうね。これまでにない深刻な構造変化って
欧米の金融機関に起きてるんでしょ、今。その余波が日本に来ている。

 

  2012/01/30 07:19 #:12822

もはや老人のうわ言のようにつぶやいてるんだな

  2012/01/30 07:26 #:12823

>>
「12年度に財政赤字のGDP比は約10%まで上がるでしょう。日本の人口は過去3年半
で290万人も減りました。少子高齢化もいよいよ深刻になっています」

財政問題の解決は喫緊の課題で今ミンスがトンチンカンやりつづけてるんだけど
いずれ公務員制度改革と経済政策立案に戻って行った後に、税制改革が行われる。
少子化問題はそもそも竹下の時代からこの列島内に13000万人は多すぎるんで
7千万程度に抑えようという方向で行ってる。これは世界的にも第二次世界大戦の
影響でベビーブーマー世代に山があって、人口問題は食料供給問題とからんで
最大の戦争原因なんで、国債の問題とは本来独立した世界的な政治課題なんだ。
今地球の人口って70億人だったっけ。

  2012/01/30 07:28 #:12824

>>
──財政の立て直しに向けた日本政府の取り組みはどうですか。

 「日本の政治には大きな問題があります。増税を打ち出した首相はみな強烈な反対に
あい、退陣を迫られる事態を繰り返してきました。野田政権は消費税の引き上げの方針を
明確にした昨年12月、支持率が一気に下がりました。増税が実現する可能性は低いと言わ
ざるを得ません」

はい、そのとおりです。ミンスのトンチンカンにはこの問題は解決できません。
でも、ミンスはもうすぐ国民の投票によって粛清されます。

  2012/01/30 07:34 #:12825

>>
■日本の当局者も危機を覚悟

 「日本の財政が持続可能でないのは明らかです。この間訪日した時に、日本人も同じ
問題意識を持っていました。例えば、ある日本の当局者に『ギリシャの債務不履行(デフォ
ルト)があったとして日本はどうなるか』と聞かれ、『遅くとも2、3年で同じ危機が
起きますよ』と言うと、『いやそんなことはない。5~7年は大丈夫だ』と言われました。
つまり時期はともかく、日本の関係者もいずれ本格的な危機に直面せざるを得ないと思っ
ているのです」

すみません。どんなアホに意見を聞かれました?
日本は20年来この問題をコントロールしつづけているんで危機意識はあなた方の比ではないんですが。
いずれどころか日本発の金融危機が心配されたころからずっと危機に直面しつづけています。
あなたがた欧米人は甘っちょろいネエ。そんなことでサブプライム破綻の後遺症を解決することなんか
できませんよ。

  2012/01/30 07:37 #:12826

>>
──日本政府の12年度予算案に対しても、ずいぶん厳しい見方をしているようですね。

 「これほどの茶番はありません。社会保障費は一般会計ベースで約26兆3900億円と前年
度から8%減っていました。一般会計の総額も90.3兆円と前年度を下回り、一見すると
立派な予算案です。ただこれには看過できないトリックがありました」

 ──どういう意味でしょう。

 「一般会計から切り離し、『年金交付国債』なる耳慣れないものが登場していたのです。
これは基礎年金の国庫負担分2.6兆円を、将来の消費税増税で償還して穴埋めする仕組み
です。まだこの世に存在せず、実現する保証もない増税をあてにして交付国債を発行する
。こんなことが許されていいのでしょうか」

こんなのは皆知ってることですよ。だから今国会で侃侃諤諤やってるでしょ。
ミンスの限界なんですよ。もうすぐ1年半以内に選挙がありますから。

  2012/01/30 07:42 #:12827

■公的債務と民間資産を同列にとらえるな

 「米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは新規国債発行額を約44兆円
に抑えたという日本政府の主張はナンセンスだと断じました。当然でしょう。特別会計で
別枠扱いした交付国債や震災復興債を合わせると総額は約50兆円に達し、財政赤字のGDP
比は10%を超えるのです。見かけをとり繕ってやりすごそうとする日本政府に、もはや
何の信認もありません」

円建て債なんでムーディーズの格付けなんて関係ないんですけど。わかって言ってるでしょ。
格付け会社がでたらめなマッチポンプの格付けしてサブプライム問題を生じさせたの世界中が
知ってますぜ。

  2012/01/30 08:01 #:12828

>>
──ただ日本には1400兆円の個人金融資産があり、日本国債の投資家も9割以上が国内
で占められています。

 「よく聞く話です。まず、日本が抱える公的債務と民間の資産を同列にとらえるのは
やめるべきでしょう。日本人がいつまでも国債に投資し続ける保証はどこにもありません。
個人が銀行に預金し、銀行がそのお金を日本国債に投資する流れがずっと続いてきました。
しかし加速する高齢化は預金の引き出しを招き、金利の低下を支えてきたこの循環は断ち
切られることになるでしょう」

金融資産は家計が1471、民間企業が754、政府が483兆円持ってる。
それを銀行を通して、家計に354、民間に992、政府に1093兆円貸し出してる。
資産負債差額は海外流出分だ。テレビに出てるアンポンタン評論家の認識が
日本人の認識なんて間違っても考えないように。 これ日銀の資料よ。
それから国債買ってるのは銀行で、銀行に金預けてる国民じゃないからね。
完全に仕組みの無理解を露呈してる。日本の銀行が護送船団方式で
どこに支配されてるか知らないで日本の金融は分からないよ。大丈夫かい?
それに国債は資産の裏づけがあって国際基準でいうと日本の政府借金って
300兆程度だからね。それも知ってるでしょ。だから買いたいけど
中々安くならないし誰も手放さないから買えないでしょ。
年寄りが今から少しずつ預金を下し始めるんだけど資金はダムだとか
港湾、道路、空港に投資されてるんで、まさかこの分があなたの分よって
コンクリの塊もらったって、それ食って老後の生活を送るわけには行かないんでね。
当然そういうインフラをうまく活動させることによってフローを生み出して
預金の取り崩しに対応していきますよ、無論。ちょっとミンスじゃ無理そうなんで
国民はもうちょっとしっかりした経済運営をしてくれる政党を選びなおすつもりですがね。



  2012/01/30 08:01 #:12829

だって
 日経だもの
     みつを

  2012/01/30 08:05 #:12830

日本を、自分に当てはめて考えた。
給料の倍以上を月の生活費で使い足りない分は親から借金して、更に足りなければ友達から借りて生活する。この生活は崩壊しない?教えてくれ。

  2012/01/30 08:16 #:12831

>>
──国債市場の危機はどのように到来すると予想しますか。

 「今の市場が均衡を保っているのは極めて心理的な要素に基づいていると思います。
『過去も大丈夫だったから、当面は何とかなるだろう』という心理です。しかし金利上昇
は、ある日突然起きるものです。ギリシャがそうでした。国債入札の札割れといった深刻
なイベントが何も起きなかったのに、唐突に金利が上がり始め、一気に欧州危機が訪れま
した。人々の物の見方は一瞬にして変わります。日本だけが例外でいられる理由はありません」

完全な勉強不足です。今の市場が均衡を保っているのは心理的な要素に基づいているのでは
ありません。日銀がコントロールしてるんです。そんな甘っちょろい認識では自国の金融危機も
乗り切れませんよ。ギリシアは通貨発行権を持っていませんね。全く次元の違う話です。
国債入札の札割れなんか起こらないんですよ。まず日銀が資金供給して銀行に買わせるんですから。
そして通常のオペレーションの中で供給した分を回収していく。高橋是清がやった手法を
ずっとやってきてるんです。
日本の問題はそのオペレーションの20年間で先ほど挙げた日本の金融資産を使ってる場所が
民間ではなく政府が一番大きいというところです。これはクラウディングアウトなんです。
ここから脱出して民間活力を少しずつ再び拡大していくために公共投資や補助金を通した
公務員の不要な収奪をなくしていくのが公務員改革なんです。仕組みが硬直化しているのが
根底にある。クラウディングアウトは長引く不況の結果でもあれば、また長引いているがゆえに
原因にもなって久しいんですね。我々は東北復興を梃子にこのスパイラルから脱出するつもりで
いますのでどうぞご心配なく。


  2012/01/30 08:21 #:12832

>>
──日本の投資家はどうすべきだと思いますか。

 「国債市場が崩壊すれば金利が急上昇し、預金をしていた一般の人々が最も大きな損失
を被ります。私ができるアドバイスは、円資産をできるだけ手放した方がいいということです」

 「これからは、自律的な経済成長が可能で、金融の膨張や信用創造に頼ってこなかった
国に投資すべきです。生産性の高さや若い労働者がいる人口構成も重要な要素です。条件
に合致するのはカナダやノルウェー、豪州、インドネシア、インドなどでしょう」

はい。あなたの結論が出ましたね。日本人が円資産を手放したらあなた方が買うわけでしょ。
だって買い手がなければ売れませんよね。しかも上がってるときに手放す人はありませんから
下がってるときに損しながら手放すんですね。そしてたとえば米国債を買うわけです。
で、日本人以外の、つまりあなた方が円資産を買わなかったら誰が買うんでしょ。
あなた今円資産は手放したほうがいいって言わなかった?

  2012/01/30 08:21 #:12833

今のうち固定金利で住宅ローンを組んでおけってことだ。

  2012/01/30 08:23 #:12834

十分安くなったら買うってことさ。だってヘッジファンドって売買物件の
価格の上下で利ざや稼ぐんだから、何も動かないと商売になんない。

  2012/01/30 08:25 #:12835

日経はよくもこんな記事を提灯持って掲載してるよな。

  2012/01/30 08:26 #:12836

ええっ?
馬鹿じゃないんだからね。
商売だから。
宣伝記事載せてやるのに只ってことないでしょ。

  2012/01/30 08:29 #:12837

宣伝して不安あおったところで国民が直接買ってる国債なんて知れてるんで
大半は銀行とか生保が買ってる。彼らは日銀と大蔵の護送船団方式の中にあるんだから
宣伝費のコストパフォーマンスないでしょ。

  2012/01/30 08:32 #:12838

まあ、いろいろあんのさ。世の中複雑でね。
自動車のハンドルには遊びがないとかえって危険でしょ。
お前みたいにギスギスと攻め立てないの。
ほっときゃいいんだよ。

  2012/01/30 08:42 #:12839

>>
日本を、自分に当てはめて考えた。
給料の倍以上を月の生活費で使い足りない分は親から借金して、更に足りなければ友達から借りて生活する。この生活は崩壊しない?教えてくれ。

崩壊します。最終的にはインフレ税が結果することになるでしょう。
そうならないようにデフレ脱却、経済復興立案が必要なんです。
ミンスにまるで能力がない。単純にやり方がわからないんですよ。

  2012/01/30 09:30 #:12840

取りあえず日本国債は日本人が買い支えるから外国人は危険だから買うな。
外国人に迷惑を掛けるような事はしたくない。

  2012/01/30 10:15 #:12842

じゃあ円安になるほど売ってよー

  2012/01/30 10:19 #:12843


日経って国の借金と政府の借金を混同する自称経済通新聞の事でしょ?

  2012/01/30 10:40 #:12844

円安にするには金融のイージングをしなければなりません。
日銀が銀行の持っている金融資産を買い上げて資金を大量に
市中に放出する。これをやると為替市場で各国の貨幣流通量の
比が変わるんだから先物売買が発生して為替が動く。
円の流通量が増えたのだったらその円で買えるものの値段は
物量が同じなら上がる。それの先を見越して為替が動く。
イージングした量に比例して物価が上がるわけじゃない。
供給側も生産できるものに関しては供給を増やしますからね。
今欧米の金融機関がかつての日本のようにバブル崩壊後の不良債権を
抱えてガタガタになってる。それを貿易収支で少しでも回復したいわけだ。
だから日本や中国やドイツの輸出攻勢を緩めてもらいたい。
それでG7や世銀の話し合いで円高が決められてる。
日本はしばらく輸出を押えてくれっていう世界からの要望なんですね。

  2012/01/30 10:42 #:12845

ドイツは輸出国なのに得だね。ユーロは対円で下がってる。

  2012/01/30 10:46 #:12846

身内にギリシァをはじめ、イタリア、スペイン、ポルトガルと
財政破綻自治体みたいなのを抱えてるんだ。ある意味得はしてるんだけど
その得の分をEU全体の支えに関して力出してもらいますよってことでしょう。

  2012/01/30 10:50 #:12847

日本だって東北震災復興や福島原発事故対策やその補償問題の
解決のために資金が必要でしょ。皆、経済の分かっている人間は
国債発行しろと言ってるのになんでミンスはやらないんだ。
資金不足のために対応が遅れてるじゃないか。

  2012/01/30 10:53 #:12849

そこに世界との約束があるんだね。
国債発行で支えようとするとイージングしなければならなくなる。

  2012/01/30 10:53 #:12850

どうしてよ、国債発行とイージングと無関係でしょ。

  2012/01/30 11:03 #:12851

今まではね。
日銀が銀行に資金を貸し出してその国債を買い取らせるって言ったけど
今までは不景気でGDPで生み出された資金は銀行に戻って再投資先が
ないものだから国債にまわされてたんだ。時期によっては日銀が
銀行の既に持っている国債を買い取って資金をつけて新規の国債を引き受けさせたりも
したことはあるんだけど所詮はGDPから生み出される資金が銀行に戻ってきて
結局は長期で見ればマネーベースは変わらなかったんだよ。
変わらないというのは最近の世界の貨幣供給量の増大と比較して
低レベルに抑え続けてきたということね。
だから円高なんで、それは明確に世界経営の一環として意識的に行われていることでしょ。
でも、今日本は輸出攻勢のためではなく、国内に資金を回すためにイージングが
必要になっているんでしょ。でも、結果としてイージングすると円安になって
世界との約束が守れないということになるんだよ。

  2012/01/30 11:07 #:12853

それは話し合いでどの程度のイージングを行うのか
白川がたとえば世銀に説明せにゃならんでしょ。

  2012/01/30 11:09 #:12854

ミンスぞ。
仕組みも現状も方法論も何にも分かってない。
烏合の衆ぞ。

  2012/01/30 11:15 #:12856

でもなんで今まではなの?
これからもGDPからの還流資金で国債引き受けできるんじゃないの?

  2012/01/30 11:20 #:12857

GDP縮小してるでしょ。
今までは短期の資金をつけてしばらくしたら回収できてたのが
これからはだんだん資金のつけっぱなしになってくると心配されている。
そこに復興資金と、原発事故対策資金と補償費資金をつけなきゃなんない。
その上にそもそも一般財政赤字が続いている。このままいくと
自然にオペレーションと称した実質的な日銀特融、日銀引き受けの世界に
突入する。
この対策にはGDPの拡大しかないことは自明でしょ。

  2012/01/30 11:27 #:12858

それを消費税で回収しようとしているのね。
GDPを増やすことには何も貢献してないばかりか
消費を弱めて更に税率を上げなきゃならなくなるから
どんどんGDPは縮小する。かえって財政破綻を早めるばかりだ。
こんなことは高橋なんか前から言ってるでしょ。
こんなときに消費税なんて論外どころか、悪し様に
けなす適当な言葉が見つからないほどだとまで言ってる。

  2012/01/30 11:33 #:12859

そもそも消費税って公務員の待遇の、特に団塊の世代の天下りにつける
交付金の財源がなくなってるのが原因だろ。
税と社会保障の一体改革とか、東北復興のためだとか、
原発事故対応のためだとか、理由がふらふらするのが
本当の理由を隠している証拠だね。
本気で400万公務員の全待遇の2割でも削減したら
消費税自体はすんなり通るだろうね。
でも今言ってる特別会計だとか、独立行政法人の削減だとか
形だけで実質的な予算削減にはなってないばかりが
これから膨らむ一方なんだよな。

  2012/01/30 11:35 #:12860

森元首相が消費税の法案を通して民意を問えって発言してるな。
通してから問うてどうするつもりだ。野田とおんなじこと言ってるじゃないか。

  2012/01/30 11:38 #:12861

森派ってのは谷垣はじめ、小泉もそうだったように
旧大蔵省の族議員の集団なんだよ。
言わなきゃいいがと心配してたがとうとう言っちまったな。
せっかく民意が自民に戻りかけていたのに。

  2012/01/30 11:39 #:12862

お前さん自民党支持者なの?

  2012/01/30 11:45 #:12863

ああ、そうだよ。
自民が国策の基本方針でも具体的政策でも一番しっかりしている。
ミンスがここまで心配な集団だったというのも逆にがっかりしたがね。
とにかくアンポンタンに政治は任せられない。
でも、経済問題の中心に政府の財政問題がデンと居座っていて
その根本原因が公務員制度なんだと分かっていながら
官僚の抵抗と称しながらその利権の甘い汁から自分が逃れられない。
政治の根本を忘れちゃ政治屋でしかないじゃないか。

  2012/01/30 11:46 #:12864

お前さん消費税増税に反対なの?

  2012/01/30 11:47 #:12865

いや、消費税の税率アップはいずれ必要になる。

  2012/01/30 11:50 #:12866

じゃあ、野田と森に同調したら?

  2012/01/30 11:52 #:12867

全国公務員人件費の削減が先だ。
それをやらないで消費税上げたら交付金に食われるだけぞ。
おれが言ってる公務員って退職して天下って民間人の
ふりをしている公務員も含んでるし、さらにその下部組織に
ぶら下がっている人間たちも全部含めて言ってる。

  2012/01/30 11:54 #:12868

半分にしたら日本の財政って均衡しちゃうんだってな。
税金がたりないんじゃなくて働きに対して結果論的に
人件費高すぎってことでしょ。

  2012/01/30 11:57 #:12869

まあ、いきなり半分ってわけにもいかないというのは常識で分かるでしょ。
生身の人間だよ。でも東京都でも、大阪府でも2割削減はしてるな。
今回の国家公務員だけの7%程度って話にならないでしょ。
天下り利権なんかはずすと地方のほうが待遇が高い位さ。

  2012/01/30 11:58 #:12870

でもそれって公務員改革したら増税不要になるんじゃないの?

  2012/01/30 12:05 #:12871

そうじゃないんだ。
公務員の上から傾斜配分で削減した人件費って
高所得者の分だから預金になってた分だ。
これは預金から国債を通して彼ら自身の赤字の支えになってたり
国家資産に替っている。
この資金をたとえば震災復興に使っていくわけさ。
いままで国債だったものが節税で生み出されてくる。
一方で国債も発行して必要なら他国の了解も得て
イージングもある程度行う。そのときに震災復興で
景気が過熱したときにはどうやって抑制するの?

  2012/01/30 13:55 #:12879

日経はほんとゴミだな

  2012/01/30 15:24 #:12895

現実的に言って,日本国債より上の格付け国が胡散臭い。米国債なんて日本と中国買わなかったら終わってるだろ。

  2012/01/30 15:35 #:12897

その通り。

  2012/01/30 15:40 #:12898

震災復興で景気過熱してバブルに近づくとインフレ気味になって
しかも長期金利が上がりはじめる。
バブルを止めるのに政策金利を上げられないからな。
財政が金利破綻しちまう。
だからと言って量的引き締めを行うと景気が冷え込んで
税収が落ち込む。今の状態と同じだ。
バブル退治するには増税するしかないんだ。
そのときこそが増税するときなんだよ。

  2012/01/30 15:42 #:12899

そのときになって又増税論議やってたら間に合わない。
だから今その増税権を確保しとこうと云う考え方は
あるんでしょ?

  2012/01/30 15:43 #:12900

政策の方針としてあるし、相しておかなければならない。
でも、今やってるのはそうじゃないんだ。

  2012/01/30 15:45 #:12901

どうして?
本心はそうかも知れないじゃないか。

  2012/01/30 15:52 #:12902

テレビ見てみ。
そんなこと一つも言ってないでしょ。
それに仮に言っても信じてはいけないよ。
本気で日本経済の建て直しを考えるときには
必ず本格的な行政改革が先行する。
広い意味の公務員待遇の削減が先行したら国は本気だと考えていい。
そのときこそ国民は協力しなければならないよ。
日本が立ち直れるかどうかの国家存亡の秋です。

  2012/01/30 15:55 #:12904

消費税だけで負担しなくちゃなんないの?

  2012/01/30 15:58 #:12905

税体系を全部洗いなおさないといけないが
消費税も柱の中に入るよ。当然。
でも財界は法人税の増税には反対してるし、
結局皆わが身がかわいいんだからね。
でも国が身を削ったら国民も意識が変わるし
当然国民の選良でもあるはずの財界の意識が
変わらなくてどうするかね。

  2012/01/30 15:59 #:12907

ごまかしがないかどうかどうやって知るの?

  2012/01/30 16:06 #:12908

一般会計も特別会計もある程度公表されている。
ちょっと会計の知識がいるが、丹念にデータを集めて
連結してみると全体が見えてくる。
その後の科目の増減を見張ってればいいんだ。
本当に公務員が身を切ったら数字で明確に見え始める。
独法の数減らしたところで使ってる金が減ってなきゃ
意味ないでしょ。いままでそうやって形だけ変えて
数千と云う天下り下部団体を増やしてきている。
国民はだれでも知ってるでしょ、そんなことは。

  2012/01/30 20:39 #:12932

日本国債を個人が買ってると思ってるのがバカ
個人保有は外人含めて7%程度
銀行、証券会社、生保が購入し運用してまんがな

  2012/01/30 22:17 #:12964

まぁ、コイツが本当に日本売りの方向ですでにポジションとってるなら、何が何でも日本崩壊の危機感煽って日本売りの方向にもっていきたいのは当然だわな。

  2012/01/30 23:05 #:12971

本当に財政再建するなら、年3~5%程度のインフレが最も有効。
増税そのものによる財政再建は基本的に不可能。
増税はあくまでも過剰なインフレを抑える為に行うべき。
当然、そのバランスを保つのは至難だが、少なくとも現状において
やるべきコトは、進行しているデフレをどうやってインフレ方向に
もっていくかの議論であり、増税論議などしてる時ではない。

  2012/01/30 23:55 #:12981

ユーキャンセイザッツアゲイン

  2012/01/31 00:01 #:12983

だってバカンは投資乗数11と云うのを知ってると言ったらしいからな。

  2012/01/31 00:03 #:12986

復興会議の冒頭で五百旗頭が財源に消費税が必要と言ったのには吹いた。
財務省のペーパー読みか。
何のための会議なんだろうね。あれから復興計画の内容と具体的な金の回し方も
何も決めてないんでしょ。

  2012/01/31 00:06 #:12987

今までみたいな公共投資してると関連団体に吸い上げられて乗数が効かないんだよな。
なぜ行政改革かと云うことがミンスは分かってないんだもんな。

  2012/01/31 00:08 #:12989

それ以前に何を復旧するのかさえ分かってはいないんだよ。
何していいかさっぱり分からなくて、次回の選挙では
壊滅すると右往左往してるだけ。

  2012/01/31 00:09 #:12991

大蔵に言わせるとバカの一つ覚えの消費税くらいやらせとけってんだろ?

  2012/01/31 00:10 #:12992

実際にデフレ脱却させるのは難しいだろう?

  2012/01/31 00:12 #:12993

償還できなくなったら?
日銀が買い取ればいいっしょ?

  2012/01/31 00:13 #:12995

今名目ではマイナス成長だからね。
それを4%以上の成長率に持っていかないと
なかなかプライマリーの収束は難しい。
東北復旧はそのチャンスなんだけど
凡そミンスは何もわかっていないんだから
何かやらせると危険なんだな。

  2012/01/31 00:15 #:12996

それで消費税祭りさせてるわけか。
早く選挙しないといけないな。

  2012/01/31 00:22 #:12999

公共投資は資金を政府系の天下り団体を通していくもんだから
投資乗数が実質1ちょいしかないね。
無論、今公共投資止めてるから東北復旧で出せば1でもそのままGDP拡大になる。
でも乗数が効いて2に近いくらいあれば成長に加速がつく。
真水で流れるように改革しないといけないんだけど、
そんなことも何もやれないままに東北震災にみまわれちゃってるんだな。

  2012/01/31 00:30 #:13001

デフレの原因は民間投資意欲の減退で団塊の老後に備える動きが
加速しているときと重なって流動性選好が高まって、いわゆる
スパイラルに落ち込んで既に流動性の罠に嵌ってしまってる。
一方で民間投資の落ち込みをカバーすべき公共投資は
公務員の老後の備えの時期とも重なって天下り団体への横流しで
全く乗数が効かない状態で政府負債ばかり積み上げてしまう結果になってる。

  2012/01/31 00:33 #:13002

ダムになるはずの金がダム管理事務所の経費に食われて
何時までも完成しなくて、そもそもインフラになるべきはずのものが
天下り公務員の貯金になってしまってるのね。
それじゃ限界消費性向は極度に則句なるんで乗数は小さくなるに
決まってるな。
国債で借金して自分たちの預金にしちまってる。

  2012/01/31 00:37 #:13006

東北復旧でこれをやらせちゃいけないんだけど
今ミンスがやってるのは補助金行政のための
消費税増税だからな。ピントがずれすぎちゃってて
批判の対象にもならない。
おまえたちゃ、選挙で国民に落としてもらうまで
なーーーーーーんもすんな。

  2012/01/31 00:40 #:13007

でも、次にどこが政権とっても景気回復デフレ脱却とプライマリーバランスの達成と云う
隘路を通んなきゃなんないよな。なんかいい方法はないの?

  2012/01/31 00:42 #:13008

ちょっと債務残高が積みあがり過ぎちゃってるんだよなあ。
負債の額が大きすぎて金利の影響が大きすぎるんで
景気対策が難しくなってる。景気回復させると金利は自然に
上がってくるんで、それが政府財政を圧迫する。

  2012/01/31 00:44 #:13009

資産側からの収入はないの?
借金してインフラ作ってるんだから
インフラ側からの収入と金利と
ある程度相殺できるでしょ。

  2012/01/31 00:50 #:13010

まずインフラは景気がいいときには働くから収入が増えるけど
景気が悪いと遊んじゃうから実入りが減ってくる。
それが税収減ってことよ。
次にインフラ資産の建設コストに天下りが抜いた金がもぐりこんでいる。
つまり簿価より実質的には時価が低い。
そもそもそんなに価値がないということ。
更には必然的に1000兆に対する700兆の資産の資産価値が
本当はそんなにないんなら公務員の使い込んだ300兆は実際には
もっと大きいのかも知れない。欠損金の埋め合わせに対する
負債の金利は当然相殺できないよね。

  2012/01/31 00:55 #:13013

ゼロ金利に押さえ込みながら乗数効果の高いやりかたでの
公共投資をして景気が上向いて金利を押えきれなくなったら
徐々に増税して投資回収しながら金利水準をおさえるという
一挙両得作戦でしょ。

  2012/01/31 00:59 #:13018

うん、それでも名目4%成長にはまだ足りないだろうね。
日本の企業は輸出特化していて優良企業の多くが輸出産業なんだな。
為替はそんなには戻せないから輸出期待はできないし、そもそも為替合意は
サブプライムで痛んだ欧米市場を回復させるためのものだ。
無論、日本だって欧米は市場なんで長期的には回復してもらわないと困る。
すると内需産業のてこ入れということになるでしょ。
そこに又役人の規制が立ちはだかってる。

  2012/01/31 01:03 #:13020

もう、なんもかんも公務員なのね。原因は。
何でそんなに日本の復活を邪魔するんだろう。

  2012/01/31 01:06 #:13022

いやいや、わざと邪魔してるんじゃなくて
世の中の動きに対応できなくてジット座っているうちに
いつの間にかしらずしらずのうちに社会のお荷物になっちまったんだよ。
橋下がいくら噛み付いてもポカーンとしてるだろ。

  2012/01/31 01:07 #:13024

内需拡大のための規制緩和って古賀茂明が言ってるな。

  2012/01/31 08:21 #:13044

問題点は出揃いつつある。

  2012/01/31 08:22 #:13045

1000兆の負債残高って政府は国民に返せないんでしょ?

  2012/01/31 08:29 #:13047

原理的には返せるさ。だって政府が1000兆の紙幣刷って
国債を買い戻して焼却しちまえば終りだ。*86さんが書いてるじゃないか。

国債がなくなって1000兆の新たな紙幣が銀行や生保に渡されて
どうなると思う? それが大問題だからみんながドーマー条件下での
プライマリー均衡を考えてるわけさ。

  2012/01/31 08:31 #:13048

新たな紙幣で国債を買い取り焼却するってどういうことを意味してるの?

  2012/01/31 08:41 #:13050

たとえば俺がお前に借金して車を買って使ってると考えればいいじゃないか。
お前が急に金が必要になって返してくれっていわれたときにまだ俺はたくわえが
貯まってないもんだから、コピー機使ってそっくりの偽札作ってお前さんに
返したみたいなことね。北朝鮮が昔ドル紙幣作ってたでしょ。
俺達がやると牢屋にぶち込まれるし、北朝鮮がドルを刷ると制裁を受けるし
最終的には戦争になる。でも、国家は自国紙幣の発行権を持っているから
合法的にそれをやれるんだ。でもそんなことするというのは
貨幣の管理ができてないということを意味するんで無能の証明なんだね。
そんなことなら赤子でもできるでしょ。インフレやデフレを起こさないように
管理するというのはプロの仕事なのさ。
管理する

  2012/01/31 08:43 #:13051

どうしてインタゲって言うの?
インフレもデフレもないほうがいいんでしょ。

  2012/01/31 10:02 #:13054

景気が良くなると税収も上がるし、雇用も増えていい事ずくめでしょ。
景気がよくなるというのは民間の企業家たちが積極的に投資して
物を作って売るってことだけど、その動機は利益でしょ。
期待利潤値ってのが指標になる。どのくらい作るとどの程度の価格で
どの程度の最大利益をもたらすかというようなことを常時計算してる。
会社で働いている人なら多かれ少なかれ知ってるでしょ。

  2012/01/31 10:05 #:13055

ああ、でもそれとインフレとどう関係するの?

  2012/01/31 10:09 #:13056

利益って付加価値ともいうでしょ。携帯電話とかパソコンとか
今までなかったものを作り出すのはイノベーションといって
努力が必要でしょ。そうそうどんどんと大量に付加価値を作り出せるものではないんだ。
通常は付加価値いうのは労働生産性から企業側が収奪するという側面で測られるけど
今言ってるのは収奪しようにもまずニーズを掘り起こすだけの魅力ある商品を
作り出す、その働きに重点を置いて言ってるんだよ。
それに対して、利益はインフレによっていとも簡単に拡大され得るんだ、努力が
要らない。

  2012/01/31 10:11 #:13057

どういうことさ。

  2012/01/31 10:15 #:13058

100円で仕入れた商品を売るときに経費や利益を全部で50円上乗せして
150円で売ろうとしてたら売るころには仕入れ値が200円になってたんで
250円で売る。100円まるまるインフレで儲かった。でも次に仕入れるときには
200円かかるから250円で売ろうとしてたら売るときには仕入れは300円になってたんで
350円で売ってまた100円儲かった。そういう期待利潤率の作られ方があるわけさ。
バブル時は誰もが儲かった。

  2012/01/31 10:17 #:13059

そうだな、でも企業家はもうかるけど
労働者は物価が上がってるのに給料そのままじゃ
生活困るから社会問題になるね。

  2012/01/31 10:21 #:13060

そう、それがインフレの弊害で、給料は物価の上昇に遅れながらでしか
ついてこないんで常時社会不満がつきまとう。
だからインフレターゲットといって企業マインドを前向きにさせるけど
社会不安を引き起こさない程度の数パーセント程度の意図的インフレを
中央銀行は目差すのが手法としての常識なんだね。

  2012/01/31 10:24 #:13061

企業経営者は常に名目利益によって評価されるのね。

  2012/01/31 10:29 #:13062

そうさ。
だから今みたいなデフレだとさっき言った仕入れ値は実際に売るころには
もっと下がってるってことになるからインフレ時とは逆の現象が起きるでしょ。
投資しないで現金で持ってたら回りの商品が値下がりしていくんだから
何も投資しないでジット現金持ってる経営者が評価される。人も要らなくなるから
解雇して経営規模を縮小していくほど経営手腕を讃えられるんだ。
現金で持っいたがる心理を流動性選好といって、スパイラルの所為で
その状態から抜け出せなくなる状態を流動性の罠といってる。
日本はその罠に捕らえられて久しいんだ。

  2012/01/31 10:32 #:13063

それでクルグマンなんかがもてはやされて
高橋洋一なんかがそれを喧伝して
逮捕されたりなんかしたのね。
喧伝と逮捕とどういう関係か知らないけどな。

  2012/01/31 10:36 #:13064

クルグマンはノーベル賞もらったでしょ、経済学で。
でも、日本に関心を持って書いた分析は正しいんだけど
その手法はバツなんだね。そんなに単純じゃない。
そのことは今米国で日本と同じバブル崩壊が起きたあと
だんだんに証明されつつある。
高橋のはあまりにブームになってしまって
世論を誤解させるといけないという配慮が働いたみたいね。
高橋自身は必ずしも間違ったこと言ってないんだけど
複雑な話なんで受け取る側が誤解するといけないという配慮だね。

  2012/01/31 10:37 #:13065

インタゲが正しいのならそうすべきでしょ。

  2012/01/31 11:31 #:13066

そこに難しさがあるんだ。
喩えがいいか悪いか分からんが
平地を前にして数十メートルの軽い下りの坂道作ってくれないかと言ったら
コツコツとシャベルで削りながらなんとか作るでしょ。
でも山の登り斜面を前にしてここから軽い下りの斜面作ってくれるって
頼まれたらエエッて感じないか。
リクゥィディティトラップって山の上り斜面斜面みたいなもんだ。

  2012/01/31 11:34 #:13067

そうか。
ダイナマイトでもかけてとりあえず山を崩してから
斜面掘り下げるかなんて考えちゃいけないのね。

  2012/01/31 11:36 #:13068

経済運営と云うのは物理学の実験と違うからね。
みんな生活かかっていてすべての人々が命がけなんだ。
大勢乗ってるバスは急ハンドル切らないでしょ。

  2012/01/31 11:42 #:13069

じゃあ、こうなっちまったのは運転手の先を読む力の不足なのか?
徐々に修正して行ってたらこうなってなかったと?

  2012/01/31 11:52 #:13070

それもあるね。でもそれだけじゃない。
世界の経済運営との絡みがあるでしょ。
バブル発生と云うのはプラザ合意の結果なんで
これは世界の側から頼まれることだからね。
同意した以上自分たちでできることは
限られるから問題がより難しくなる。
今度のTPPもそうだね。あれは内心では世界が
日本に頼んでるんだからね。
あからさまに頭は下げないよ。無論。
外交なんだ。でもその根本には経済合理性がある。
だからTPPは日本にとっていいことないなんて当たり前なんだよ。
そりゃプラザ合意しないで円安続けていれば
輸出は有利に決まってるじゃないか。
でも、広い目で見れば所詮周りからチクチクやられて
圧力受けて受け入れるんじゃあ、既に外交的に不利でしょ。
圧力受けなきゃ分からない奴ってアホでしょ。
アホにはアホにあった手法が選ばれてしまう。

  2012/01/31 11:54 #:13071

かといって、利口に振舞って理解したところで
いざ国内を振り返るとどうするんだってことだな。

  2012/01/31 11:55 #:13072

ミンスにどうするがないでしょ。
何にもないんだ、あの人たちって。
情けなくなる。

  2012/01/31 12:30 #:13073

※125
雇用対策
まずこれから

  2012/01/31 21:20 #:13121

日銀法改正して日銀に無金利無期限の国債引き受けさせたらだめなん?
それを原資にして経済対策を打てばいい

  2012/01/31 21:37 #:13124

日銀引き受けと云うのは認められてないんだけど通常のオペレーションとか
量的緩和は許されてるんで実質的にはやろうと思えば日銀は何でもやれるし
今までだってわざわざやりましたとは言わないんだけどやってきている。
データを見れば分かる。
でも今回の震災対応のための資金は臨時に建設国債を発行すればそれで済む話なんだ。
無利子国債を日銀に引き受けさせるなんて変則的なことをわざわざしなくても
普通に1%の金利で発行すれば消化されちゃう。

  2012/01/31 21:39 #:13125

何でそうしないの?

  2012/01/31 21:40 #:13126

竹中も、高橋も、自民党もいろんな人がみんなそういってるのに
野田は消費税だといってるんだね。

  2012/01/31 21:41 #:13127

どうしてなの?

  2012/01/31 21:46 #:13129

わかりません。
みんな、分かりませんって言ってるでしょ。
そりゃあ、わかりませんよ。
説明だって聞いてないし。
なんか、子孫に借金を残すなとか分けわかんないこと言ってるし。
みんなが聞いてるのは今消費税を上げたら
どうなると考えていますかと聞いてるんだけどね。
答えがないんだ。
ただ、子孫に借金をって????
政府に子孫なんかあるのかなあ。
国民は自分が死んだら国債と云う財産を子孫に残すんだけど
政府はその借金をどんな子孫に残すのかなあ。

  2012/01/31 21:50 #:13131

それは新たに入った新人官僚たちに
天下っていく古参官僚達が作った
国民に対する自分たちの借金を負わせたくない
という意味なんじゃないの?

  2012/01/31 21:56 #:13132

負わせたくないって、負って貰わないと円の価値は崩壊するぜ。
それとも本当に1000兆の政府紙幣刷るかね。
日銀は政府の国債の直接引き受けはできないけど
政府紙幣の1兆円札なら持ち込まれて一万円札に代えてくれとか
銀行の政府講座に振り込んどいてくれといわれたら
そうすることができる。政府は杣かねを使ってすべての発行済み
国債を買い戻すことができる。

  2012/01/31 21:57 #:13133

本当にそうしたらどうなるの?

  2012/01/31 21:59 #:13134

うーん、、、想像できないけどなあ、、
とりあえず世界中から物笑いにされるかな、、、
それともその後の世界の迷惑を考えて
原爆落とされるかな。


  2012/01/31 22:00 #:13135

原爆落とされてもいいからそうしたらどうなるの?

  2012/01/31 22:14 #:13137

はっきりしてるのは銀行や生保や個人や海外投資家の手に
合計1000兆円の円紙幣が入るということだよ。
大半は銀行生保だけど今まで国債で利息収入があったのに
政府に買い上げられちまって収入がないんだから、預金金利払えなくなる。
あわてて新たな投資先を探すということになるでしょ。それに現在の
ベースマネーって1000兆円もなかったんじゃないかな。
追加で1000兆円発行したんだから、いくら流動性のわなの中に
陥っているからと言って、当然円の価値は経済活動を通じて
半減すると誰もが予測するよな。あわてて円を手離して
何か別の資産に乗り換えようとする。
ハイパワードマネーの追加発行なんだからね。信用乗数が働くよ。
もう今までみたこともないような大型花火が打ちあがる。
ハイパーインフレなんて言葉じゃ言い表せないでしょうね。
円の暴落なんてものじゃない。
タマヤーーーーーーって世界中の大向こうから声かけられて
バカヤローーーーーって声と共に水爆がビカドン。

  2012/01/31 22:15 #:13138

でも、それって小規模にだったらクルグマンが書いた処方箋とおなじじゃないの。

  2012/01/31 22:27 #:13139

小規模ってどのくらいだったら緩やかに起きる?
それって恐ろしくないか。かといって少しだと
何にも動かないからな。日銀も黙って恐る恐る
数十兆単位なら既に何度かやってみてるのよ。
何にも動かない。流動性の罠ね。
1000兆やったら間違いなく動くよ。
第一政府の借金という一つの問題は確実に解決される。
数百兆までやってみるかね?
それって急ハンドルじゃないの。
インタゲといえる?
コントロールできる?

  2012/01/31 22:29 #:13140

そうか。問題は単純な構造をしてないのね。

  2012/01/31 22:30 #:13141

だからプロの仕事だと言ったじゃないか。

  2012/01/31 22:32 #:13142

ということは1000兆の借金は政府は返せないってことね。

  2012/01/31 22:34 #:13143

いや、そんなことはないよ。1000兆の政府紙幣では無茶だよってことなんで
理論的には税収を余らせてコツコツ返すか、政府の資産を売って圧縮するという方法も
あるでしょ。

  2012/01/31 22:35 #:13144

じゃあ、税収余らせてコツコツ返せばいいじゃないか。

  2012/01/31 22:37 #:13145

ええっ?
今税収足りてないのよ。
国債発行してる。
返済なんて状態じゃない。
それどころか震災復興と福島原発事故処理でまだまだ増える。

  2012/01/31 22:42 #:13146

経済政策で景気回復させればいいじゃないか。
そして税収を余らせて少しづつ返す。

  2012/01/31 22:43 #:13147

毎年幾らずつ返すおつもり?

  2012/01/31 22:46 #:13148

そうだなあ、わきゃわからんけど
子孫がどうこういってるんだから
50年くらいで返さないと子孫に
残しちゃうんじゃないの。

  2012/01/31 22:51 #:13149

じゃあ、毎年20兆だ。
毎年20兆返すというのは
毎年20兆GDPが縮小するということだからね。
忘れないでよ。500兆を分母にしたら
毎年4%のマイナス成長要因を作るということなんだからね。
その分上乗せして名目成長させる経済政策が
50年間つづかないといけないんだからな。

  2012/01/31 22:54 #:13151

ちょっと無理そうかな。

  2012/01/31 22:56 #:13153

どうして自民党政権時代にプライマリーバランスゼロが目標になっていたか分かった?

  2012/01/31 23:01 #:13154

わかった。1000兆を返すというのは現実的には難しいということだな。
でも1000兆の残高を残したまま譬えプライマリーベースでも
均衡させるのは難しいんじゃないの?
均衡させるには景気を回復させなきゃなんないが
回復すると金利が上がる。それは1000兆の元金に対して
財政の上に厳しくのしかかってくるな。

  2012/01/31 23:07 #:13155

そこに高橋の言うドーマー条件というのがあるんだ。
金利の伸びより税収の伸びのほうが大きければ維持できるでしょ。

  2012/01/31 23:09 #:13156

なるほど。
じゃあどれくらいの成長率ならドーマー条件を満たしたことになるの?

  2012/01/31 23:18 #:13157

基本的には負債元本の大きさとGDPの大きさに依存する。
1000兆の1%って10兆だ。日本のGDP500兆に対して現在40兆の税収で
バブルのころは60兆程度だったわけだ。
どのくらい成長させると税収がどのくらい伸びて、利子率はどのくらい上がるか
というシュミレーションが必要だね。
因みにリーマンショック前にブライム達成寸前だった。ただし、
そのころはブッシュの時代で日本発金融危機を訴えて
アメリカへの輸出増価が可能になっていた。
今あの為替合意でなおかつTPP要請なんだからね。
それにあのころにも金融緩和が叫ばれていた。なぜかと云うと
デフレでとてもドーマー則を満たせていなかったからだよ。


  2012/01/31 23:25 #:13159

では日本もいよいよイージングしないといけないんだね。
クルグマンだね。
まさか政府紙幣ではないでしょうけど
とりあえずオペレーションで市中の国債を
相当規模日銀が買い上げないといけないね。


  2012/01/31 23:29 #:13160

欧米のバブル崩壊の中でどこまで日本が色んな金融緩和策をとれるかだね。
為替に影響しないように緩和できれば後のことは日本の自由だけど
緩和の仕方次第では為替が円安に動く。すると合意が損なわれる。


  2012/01/31 23:31 #:13161

日本は復興資金を作りたいだけでしょ。
復興をてこに景気回復を波及させて、それを常態にしたい。

  2012/01/31 23:35 #:13162

復興資金なんて小さいんだよ。2,30兆程度でしょ。
そんなの普通に建設国債って皆が言ってるのを
バカンからずっと消費税っていいながら実際の復興は何もできてない。
竹中なんか普通のことさえできない人に
こんな危機対応ができるはずがないと悪し様に言われてる。

  2012/01/31 23:37 #:13163

消費税って何なんだい。復興と景気回復のほうがはるかに大事でしょう。

  2012/01/31 23:38 #:13164

わかりません。あの人たちのすることは。

  2012/01/31 23:39 #:13165

で、話を戻すと、財政の均衡は難しいのね、どっちにせよ。

  2012/01/31 23:40 #:13166

もう一つ政府資産の売却による負債圧縮の手は残されてるよね。

  2012/01/31 23:48 #:13167

一度にやったら危ないんなら
継続的に毎年50兆くらい日銀国債引き受けやってみればいいじゃないの?
経済対策に年50兆も追加できれば余裕で回復できるでしょ

  2012/02/01 08:18 #:13181

2011年9月現在の日銀の国債保有残高は86兆円で全体の

  2012/02/01 08:26 #:13182

あっ、スマン操作ミス。
全体の9.4%になる。
竹中の時代にヤイヤイ言って100兆程度まで積んだかな。
でも民間銀行から先に借り手が現れないんだ。
100兆と云うのは全体の1割程度だから
やってみるというときには1割単位で、次には200兆で
次には300兆ってことになるでしょ。
この操作は少なくともインタゲの細かい操作ではないよね、
どこの時点で国債信用、ひいては貨幣信用がクラッシュするか
と云う実験になってしまう。
このあたりがクルグマンの案を日銀が採用しなかった原因で
彼の理論を喧伝した高橋が妙な事件で逮捕されてしばらく
静かになっていた理由みたいよ。

  2012/02/01 08:28 #:13183

日銀引き受けと言ってるんだから民間に資金供給する話じゃなくて
その金を国が震災復興に使うということでしょ。

  2012/02/01 08:33 #:13184

そのあたりみんな誤解してるんだよね。
日銀の直接引き受けって特別の事情がない限り法的に禁止されている。
だから今回は特別じゃないかって言う人もいるんだけど
そんなのは全く関係ないんだよ。
金融機関から彼らが持っている国債を買い上げて資金供給するのを
イージングといってるでしょ。今アメリカが盛んにやってる。
昔買いオペって言ってた。今日銀が86兆持ってるのもオペレーションで
持ってるんだよ。
でも良く考えたら分かるでしょ。オペレーションをズッと続けていたら
それって日銀引き受けでしょ。

  2012/02/01 08:36 #:13185

ああ、そういうことか。復興資金で30兆円国債を発行しなければならないんだったら
金融機関の以前から持ってる発行済みの国債を買い上げて新規の国債を引き受けてもらえば
日銀の間接引き受けってことになるのか。

  2012/02/01 08:39 #:13186

だからみんなが建設国債使えって言ってるのに消費税っていう奴は
復興原資の話してるんじゃないということが分かるでしょ。

  2012/02/01 08:40 #:13187

なるほどね。
でもズッとそんな引き受け方させてたら日銀の国債保有残高って増えていくんじゃないの?

  2012/02/01 08:43 #:13188

やっと分かってくれた。
日銀の保有残高は50兆まで下がってたこともあるんだよ。
日銀は国債の直接引き受けができないから
間接引き受けしているんじゃないんだ。
本当に市場の資金供給量の調節のための
オペレーションをやってるだけなんだよ。
国債は市場で十分に消化されていて
国が特段何かしているわけじゃないのさ。

  2012/02/01 08:46 #:13189

じゃあ早く建設国債発行して予算成立させて復興しなさいよ。

  2012/02/01 08:47 #:13190

いや、みんながそういってるのに野田は原資がないから消費税って言ってる。

  2012/02/01 08:48 #:13191

国債発行できるじゃないか。

  2012/02/01 08:49 #:13192

子孫に借金残しちゃいけないって言ってるでしょ。

  2012/02/01 08:52 #:13193

借金してるのは政府で国民は子孫に財産残すんでしょ。
第一政府は借金返すことなんか難しいって今まで議論してるじゃない。
財政再建は経済政策によって税収を増加させてドーマー則を満足させる
成長を達成させる手段を考えるしかないんでしょ。

  2012/02/01 08:53 #:13194

野田に言ってよ。
国会で質問して答えを言わせてよ。
だって俺たちゃ何の説明も聞いたことない。

  2012/02/01 20:47 #:13268

つまり結論としては野田の頭を張り倒してこの話を理解させるか、もしくはさっさと解散させて
自民党あたりに国債発行させるかないということですね

  2012/02/01 21:58 #:13279

はい。そう思います。
後者が日本国のために安全と思います。

  2012/02/02 09:36 #:13313

えっ、もう締めちゃった?
資産売却による圧縮だけは終わらせといてよ。

  2012/02/02 09:42 #:13314

本当はネエ、俺はこの話はあんまりしたくないんだよ。
というのも国有財産と云うのは評価が難しいんだ。
たとえば林野庁の会計が大赤字だというのは誰でも知ってるよね。
でも何で大赤字かと云うと輸入財が安いからでしょ。
輸入財が安いのは現在の自然条件によるんで
百年、千年先が保証されていることじゃない。
それに対して日本の国の歴史は有史からだって千年以上でしょ。
山林は数十年単位でサイクルさせていくものなんで
通常の企業会計の考え方ではいけないと思う。
で、要するに資産価値評価に幅があるということね。

  2012/02/02 09:44 #:13315

それをいいことに色んなところのバケツに穴を開けて
含み赤を作るけしからん役人度もが居る。

  2012/02/02 09:46 #:13316

でも心ある役人たちも居て今までは含み黒を作ってきたということもあったわけでしょ。
そういうのって国家機密でしょ。あまり公にすることじゃない。
だから隅々をつつきまわしたくないんだよ。

  2012/02/02 09:48 #:13317

そうだな。いざ鎌倉というときにはそういう資産が働くわけだからな。
じゃあ、細かいことは抜きにして、1000兆の借金に700兆の資産を
持っていて実質赤字国債は300兆だよっていう高橋の概算を正しいものとして
考えたらどうだ。

  2012/02/02 09:51 #:13318

そうね。まずネットの300兆と云うのが国際基準の日本の財政赤字累積額だというのは
いいんでしょ。GDP500兆の60%だからそんなに悪いわけじゃない。
無論だからこそ金利が1%以下なんで、そこのところに意見の違いなんかないわけでしょ。

  2012/02/02 09:53 #:13319

さあ、どうなんだろ?
野田は子孫にィィィィってわめいていて
ネバ、ネバ、ネバ、ネバとかわけわからんぞう。

  2012/02/02 09:54 #:13320

ハハハ。
ミンスの頭張り倒すのは*181さんにおまかせしてだね。
俺達はミンスからは今離れて普通の考え方しようよ。

  2012/02/02 09:59 #:13321

実質300兆の国債の86兆を日銀がオペレーションで保有してるって
かなりの量だね、そういうことになると。3割弱だ。

  2012/02/02 10:06 #:13322

まず残りの700兆に対する利払いから考えてよ。
それは同額の資産700兆からの収入と対応させておかないといけないよね。
国債の利息は政府がその保有者である国民に支払う。政府資産からの収入は
国民から吸い上げて何らかの形で国庫に入る。ただ入り方が税収だけでなくて
たとえば電力会社のダム使用量負担金とかそういう形になってるから
本当を言うと一般会計の利払いは収入と対応していないね。特別会計も
あわせないと全体は見えない。でも、それはここではいいでしょ。
大事なことは資産運用で損を出すなよってことね。運用次第なんだ。

  2012/02/02 10:08 #:13323

実体は独法でボロボロなんだね。

  2012/02/02 10:14 #:13324

すると残りの300兆のうち83兆を日銀が持っているということは
あと217兆日銀が国債をオペレーションを使って買い取ったら
政府の実質赤字国債はゼロになるって分かるでしょ。

  2012/02/02 10:17 #:13325

そういうことか。
銀行から100億借りているが
当座預金を100億持っていて
そのまま返済してない会社と
同じなのか。
その国債の日銀保有分って結局なんなの?

  2012/02/02 10:20 #:13326

輪転機で印刷された偽札だよ。
偽札も政府が発行すると本物になる。
さっき1000兆の政府紙幣刷ったらどうなるかって
検討したじゃないか。
300兆刷ったらどうなるのって話さ。

  2012/02/02 10:21 #:13327

インフレになるんでしょ?
そのぶんだけ。

  2012/02/02 10:32 #:13328

少なくとも83兆発行しているがデフレのままだ。
前にも書いているように流動性の罠に嵌ってるからね。
金を幾ら与えても預金されていくだけなんだ。
経済活動が活性化しないからインフレにならない。
金持ってても使わなきゃないのと同じでしょ。
しかも潜在供給能力が高いから需給バランス点が
動かないんだ。需要が増えたらすぐに対応して生産供給される。
通常の生産消費活動でインフレにならないとしたら
残された可能性は投機によるインフレでしょ。
それがクルグマンの案なんだ。国債の信用を崩して
つまりは円の信用を崩せば、供給してる本物と云う名の
偽札の量だけインフレるでしょって理屈。

  2012/02/02 10:34 #:13329

何のためにそんなことしなきゃいけないの。
目差してるのは穏やかなインフレじゃないか。
信用崩壊じゃないでしょ。

  2012/02/02 10:38 #:13330

だから日銀が採用しなかった。
というより100兆程度まで買い込んで動かないんで
それ以上やる勇気がなかったんだ。1000兆やったら
皆が円以外のものに投棄するから一気にハイパーインフレになる。
100兆以上、1000兆までの間に300兆という線があるよね。
そこまでやって動かなかったら政府借金はとりあえずなくなるんだぜ。

  2012/02/02 10:38 #:13331

ドーマー則はどうなったの?

  2012/02/02 10:44 #:13332

今、インフレーションによる政府借金の返済と云う考え方で
検討してるんで、その場合は金利は元本と込みでインフレるのさ。
関係ないんだ。
ただし、誤解しないでよ。
オペレーションで300兆保有しても決して相殺焼却しちゃダメなんだぜ。
オペレーションと云うのはあくまでも一次保有なんで景気が過熱したら
売り戻して日銀は市場から本物と云う名の偽札を回収するんだよ。
仮にその時期が永遠の未来であってもね。
相しないと信用崩壊が起きるリスクが高い。

  2012/02/02 10:50 #:13333

そういう仕組みなのか。
プロの世界なのね。
野田って頭にペンペン草が生えてんのかなあ。

  2012/02/02 10:54 #:13335

ミンスのことはもういいよ。
期待した国民が悪かったってことさ。
もし300までイージングして
物価もしくは景気が動かなかったら
それは金融理論に対して新しい事態が
発生しているということになるんだろうな。
なにしろ、流動性の罠って各国が国債発行による
政府の公共投資なんかまるでやってなかったころに
ケインズがズット先を読んで予言した事態なんだよ。
実際にそうなったのは日本が初めてなんだ。

  2012/02/02 10:56 #:13336

クルグマンがびっくりして一番に分析に入ったというのは
さすがにノーベル賞受賞学者だね。
でも今、事例は世界に広がろうとしているんだね。

  2012/02/02 10:58 #:13337

日本の経済学者たちは今研究してないと又ノーベル経済学賞を
他国に奪われて日本は永遠にとれないぞ。

  2012/02/02 14:08 #:13345

あと217兆って、
今信用乗数って10程度でしょ。
2170兆の信用創造が行われるのね?

  2012/02/02 14:14 #:13346

経済が動き出せばね。
流動性の罠に入っている限りは
日銀の各銀行口座に置かれっぱなしさ。
これからはっきり動くと分かっているのは
政府の震災復興投資、東電の賠償支援だね。
金の流し方次第では乗数が効くんだけどなあ。
とにかくこんなデフレ下で消費税なんて、、
ネバ、ネバ、言ってたってなあ、、、
ネバー、ネバー、ミンスね。

  2012/02/03 22:01 #:13438

なあなあ
素人考えなんだけど流動性の罠ってようするに国内で経済活動の需要がまるきし起きないから資金の流れが死んでるってことなんでしょ?
じゃあ政府主導で強制的に国内に経済活動の需要を起こして見たら駄目なの?
大規模公共事業でもいいけど、たとえばエコポイント制度の拡大版で消費活動を喚起するとかできないの?

  2012/02/04 04:22 #:13466

インタビューの相手がヘッジファンドの創業者でしょ。何を狙っているのか見え見えじゃん。ギリシャ破綻の原因にもヘッジが関わってるらしいしな。こいつらは自分らが得をすればそれで良い奴らだよ。全く信用度ゼロだろ。日本が破綻するならその前にアメリカが破綻するわ。それとジェームズスキナー。こいつもアフォ。アメリカに帰れ。

  2012/02/04 19:08 #:13509

>>209

リーマンショック時に麻生がやったことです。
今は震災復興で必ずやることになる。
ミンスではできません。知恵がない。

  2012/02/05 07:39 #:13535

税と社会保障って何の関係があるの?

社会保障費って俺達の負担している各種の保険じゃなくて
社会保障に関わっている公務員の給与待遇だもんな。
足りない足りないって民間は所得半減してるのに
自分たちは上げ続けているんだもの、足りなくなるに決まってる。

  2012/02/05 07:40 #:13536

社会保障費ってひとくくりにしないで
具体的に誰の人件費がどれだけでと示せないんだよな。
バレちゃうから。

  2012/02/05 07:46 #:13537

社会保障費と云う名目にしとくとあたかも国民のためと聞こえるからな。
実際には特別会計に繰り込まれて天下りという赤ん坊ののミルク補給に
使われる。
税と社会保障じゃなくて
社会保険料と社会補償となるのが普通でしょ。
社会保険料を増やしてもそれは預かり金だから手をつけられない。
税金による補填と云う形で役人がチュウチュウ横から吸い取るわけだ。

  2012/02/05 07:48 #:13538

足りないのは天下りという赤ん坊のミルク代なんだね。
補助金行政の行き詰まりか。
ミンスじゃだめだね。

  2012/02/05 07:53 #:13539

行政改革をやるといの一番に公約しておきながら
票田に反抗できなかったということだろうね。
行政改革やれないと16兆円なんて出てこないからね。
財源が出てこなけれ社会改革は単なるバラマキ公約になってしまう。
だから80兆程度の予算がミンスになってから90兆台になってる。
しかも特別会計に隠しこんでる分まである。
財源なしにばら撒いたからこうなったんで社会保障なんて関係ない。

  2012/02/05 07:55 #:13540

高校無償化とか子供手当てとかは経済学的には意味があるんでしょ?

  2012/02/05 07:58 #:13541

不況の原因が所得と消費のアンバランスにあるという意味で
一番使う層に再配分するのは経済学的に意味がある。
でもそれは天下りにばら撒かれて彼らの預金になって
死に金になってる分を回すから財政に負担をかけない
経済政策になるんでしょ。公務員改革がやれてはじめてできることだよ。


  2012/02/05 08:01 #:13542

アメリカはQE3をやりそうだね。
日本はどこまでも今のままでは済まないでしょ。

  2012/02/05 08:04 #:13543

今少し失業率が下がってきていてその必要性が薄れたと言ってるけど
急激にインフレ加速しないように社会心理をコントロールしている。
所詮やることになる。
海外債務が大きいから為替で薄めてるんだ。

  2012/02/05 08:07 #:13544

EUもイージングしてるから日本だけ取り残されてるね。

  2012/02/05 08:10 #:13546

為替と云うのは損得両面あるからね。
外国から円建てで買うときは有利でしょ。
外貨準備なんて評価損だしてるけどドル建てで
戦闘機買うときは同じだから使い分ければいい。
ただ、日本が今デフレで雇用がいけないんで
対外的なことはバランスをとらないといけないから
所詮日本もある程度イージングすることになる。

  2012/02/05 08:11 #:13547

軍事力が強くて借金してる奴っていいなあ。
踏み倒しても文句言われない。

  2012/02/05 08:15 #:13548

ははは、でもそんなことは分かって今まで売ってたんでしょ。
物をたくさん相手にやって紙切れ貰って喜んでたんだから
自業自得でしょ。いやなら人にやらないで自分達で使えばよかったんでしょ。
そんなこと言ってたら中国なんて今欧米はみんな逃げてるけど
もうすぐバブル崩壊してみんなぽしゃっちゃうぞ。
カントリーリスクの高さを承知で今まで入れ込んできたんだから
これも承知の自業自得でしょ。

  2012/02/05 08:19 #:13549

日本人ってあんまり利口じゃないと思うなあ。

  2012/02/05 08:23 #:13550

うん、残念だけど、まあ、一応前回初めての世界大戦に参戦して
ケチョンケチョンに負けたという事実は俺達があんまり利口ではないということを
実証しているから、反論できない。
これからまた官僚のバカさ加減がもう一度国を滅ぼさないように公務員改革を徹底的に
推し進めさせないとまた過去の軍事官僚の過ちが再現する。

  2012/02/05 08:24 #:13551

政治家は今の事態を解析できてるんだろうか?

  2012/02/05 08:26 #:13552

やっと今頃になってどうもコレジャいかんと気づき始めたかな。

  2012/02/05 08:27 #:13553

問題は何なの?

  2012/02/05 08:28 #:13554

世界の金融システムが壊れそうなこと。

  2012/02/05 08:29 #:13555

経済がグチャグチャになるの?

  2012/02/05 08:33 #:13556

実物経済と金融は基本的には無関係。
不便を忍んで物々交換すれば金融はなくても経済は壊れない。
経済力というのは生産力さ。
でも金融は健全ならばあったほうがいいに決まってる。

  2012/02/05 08:35 #:13557

何が原因なの?

  2012/02/05 08:36 #:13558

不換紙幣の乱発。
管理為替体制の管理の緩み。

  2012/02/05 08:38 #:13559

これからどうなるの?

  2012/02/05 08:40 #:13560

通ってきた道を後戻りはできないんで前を切り開きながら進むしかない。
それがQE1、QE2、そして次にQE3が何らかの形で実施される。

  2012/02/05 08:41 #:13561

日本はどうするの?

  2012/02/05 08:42 #:13562

日銀が様子見てる。

  2012/02/05 08:44 #:13563

アメリカはデフレにも陥っていなければ流動性の罠に陥っても居ないね。

  2012/02/05 08:45 #:13564

そりゃあ、あれだけの規模でイージングしてるんだよ。

  2012/02/05 08:46 #:13565

日本も昔やってたらこんな事態になってなかったんじゃないの?

  2012/02/05 08:53 #:13567

おいおい、円と世界の決済通貨であるドルと一緒にしないで。
世界中に迷惑かけまくっていい貨幣と所詮国内でしか動いていない
貨幣を混同しちゃいけない。
円と比較したいんならユーロの今後を見てればいい。
彼らが流動性の罠に陥らなかったら、或いは要請される政策が
不本意ながらも流動性の罠を招来しないですむ道があるなら
そのときは日銀は過去間違えたのだと言っていいよ。
それにアメリカももう政策が手詰まりになっていて
これからどうなるかわからない。今のところクルグマンの手法を
デフレに陥る前に行っているから何とか小康しているが
いつ、通貨信用の崩壊も覚悟するイージングに陥るか分からない。

  2012/02/05 08:58 #:13568

クルグマンに限らずマネタリストってこの金融システムを
壊した張本人じゃないの?

  2012/02/05 09:02 #:13569

第二次世界大戦で世界中の実物経済が崩壊した。
それを再建したのがアメリカの世界経営なんで
その復興計画に従って他国が回復してきてアメリカ自身の
経済力優位を脅かすようになってきたんで、優位な場所、
優位な場所と求めて金融にシフトしてきたんだ。
こういう歴史と云うのは世界中の皆が始めて経験していることなんで
みんな初体験なんだよ。

  2012/02/05 09:05 #:13570

試行錯誤している最中なのね。

  2012/02/05 09:07 #:13571

こういうときは自身の傷を舐めとけっての。
いずれ何をするにも公務員改革が問題になる。
何していいか分からないときはジット様子を見て
自分の不具合を直しとくんだよ。

  2012/02/07 08:40 #:13720

公務員改革って結局なんなの?

  2012/02/07 08:41 #:13721

公務員を公務以外の場所で遊ばせないことだよ。

  2012/02/07 08:43 #:13722

公務以外の場所って?

  2012/02/07 08:50 #:13723

基本的に全員を役所の中に戻して正しいピラミッドによる給与体系待遇に戻すことさ。

  2012/02/07 08:51 #:13724

独立行政法人なんて潰しちゃうってことか?

  2012/02/07 08:54 #:13725

そもそも省庁の下部組織に過ぎない機関を独立させてそこの長の待遇を
事務次官以上にしてるって、国民の税金を窃盗しているといわれても仕方がないでしょ。

  2012/02/07 08:57 #:13726

それどころか独立行政法人の下にどれだけ政府関係企業を作って
その天下り役員たちの待遇がどうして事務次官以上なんだってことな。

  2012/02/07 09:00 #:13727

一旦、全部本来の役所に戻して事務次官の下に一元的にピラミッドを復活させる。
事務次官を1年や2年の通過ポストなんかにしてんのは日本だけだぞ。

  2012/02/07 09:02 #:13728

これから定年65歳なんかにしていくのに今のままで食わせ続けられるわけないだろうからな。

  2012/02/07 09:09 #:13730

一旦戻すとどれほどの余剰マンパワーがあるか分かるでしょ。
そのときに初めて本格的な民営化の必要性が理解されるはずだよ。
政府関係企業としてでなく独立的に経営できる事業が沢山あるということに気づくんだ。
当然市場価格としての賃金でやればね。
普通にやれば立派に経営されていくはずの組織が人件費を市場原理に曝さないで
どんどん高騰させて赤字に転落させ、それを税金で救っている。それが
政府関係企業の実体でしょ。
その税金って一般会計から特別会計に移されて、補助金として流されている。

  2012/02/07 09:10 #:13731

政治屋をはじめとする利権団体の群がって居るところだね。

  2012/02/07 09:13 #:13732

うん、まあ、ここんところがなあ。
政治って旨みもなくて誰がやる気になんのかなあってところがあるでしょ?
本当は日本国を質実剛健にしたいという誰でも考えることから出発してても
いざ現実に直面すると頭抱えちゃうことってあるよな。

  2012/02/07 09:18 #:13734

余剰マンパワーっていうが
実質的な失業を公務が救ってるってところがあるんでしょ?
公務員は遊んでるって言って非難されてるんだけど、
仕事がないから公務員枠を増やして採用してやってるんでしょ。
若い奴増えれば上は遊んでるしかないわな。

  2012/02/07 09:26 #:13735

はい、そこが日本の経済政策と結びつかなくちゃいけないところだね。
民間に仕事がないから政府が雇うというのは失業手当の気前のいいのを
配ってるに過ぎないでしょ。
民間が流動性の罠に陥って自発的に投資活動をしないから現在の日本のデフレがある。
政府が事業を起こさないといけないだよ。
209さんの意見は正しいんだけど現在の政府の組織ではできないでしょ。
お手盛り人件費の実現のための事業は必要ない。
本当に将来的に民営化していける殖産興業的な政府事業経営が必要なんだよ。

  2012/02/07 10:07 #:13737

民間は期待利潤率がないと動かないからな。
動けるのは政府セクターしかないんだよな。

  2012/02/07 10:10 #:13738

でも利益が期待できないから民間が参入しないのに
政府がやったって利益は出ないでしょ。

  2012/02/07 10:11 #:13739

政府は利益出さなくてもいいんだぜ。

  2012/02/07 10:12 #:13740

そんなこと言ってたら大赤字の事業になるだけでしょ?

  2012/02/07 10:18 #:13743

そこんとこに政府事業の誤解があるのね。
そもそも今ある政府事業って役人の余った奴を
遊ばせて食わせるために作られてるんで
最初から経営なんて念頭にない。
政治家も抱きこまないと作れないから政治家にも分配する仕組みになってる。
最初から支出だけの会社なんだぜ。

経済政策としての政府事業と云う考え方はこの流動性の罠に陥っている
日本経済が長期的なデフレによって投資の衰退を引き起こして
最終的には生産力基盤を衰弱させて供給能力を崩壊させて
結局、財政金融による流動性過剰がハイパーインフレに転換するのを
どうやったら防げるかと云う視点から発想されている。

  2012/02/07 10:24 #:13744

そうか、現時点のデフレ下では利益がないが
軽いインフレになれば普通にやっていける会社の元を
沢山作っておくということか。
インフレになりそうになったらどんどんそういう会社を
民営化していくってことだな。
そのためには作ってる時点で既に民営化可能な体制になっていなければならない。
天下りなんてとんでもないってことだな。
役所の一機関が監督しているだけの会社でいいと。

  2012/02/07 10:29 #:13745

橋下がカジノ経営したがってるが
あれも最初は公務員によって経営させておいて
いずれ規制下で民営化してカジノ税をとるだけでいいわけさ。
民営化すれば公務員ではなくなる。
税金を重くしてればとんでもない給料にはならない。
要するに今居る公務員に本当の収入を得させてそれで
食っていかせるわけね。民間と同じさ。

  2012/02/07 10:35 #:13746

今の政府経営会社って支出だけの会社と考えればすべての疑問が解けるってことだね。
要するにもともと役所の中が税金で維持されているのがあたりまえだったところから
組織だけあたかも会社みたいな振りして分離させてるだけってことなんだね。
その政府経営会社を少々赤字であってもそもそもの本物の会社にしようということなら
少なくとも今ある会社は全部潰して役所の中に戻すという発想になるよな。当然。
そこから本当に日本の将来のためになる事業を起こして失業手当の贅沢なので
食ってる公務員を本当の給料で食えるようにしてあげようってことか。

  2012/02/07 10:37 #:13747

政府が民間の資金を食って民間に資金が足りなくなるのを
クラウディングアウトというんだけど
それなら政府の中に民間を作ってその資金を効率的に使わせるということだよ。
民営化したときにはクラウディングアウトは解消されるじゃないか。
要するに日本の貴重な人材を遊ばせてちゃだめよってことね。

  2012/02/08 08:48 #:13823

岡田がまた行革だぁぁぁって叫んだけで
尻すぼみね。

  2012/02/08 08:50 #:13824

ミンスに何ができるかね。
何にも分かっちゃいないのに。
天下り補助金補給のために消費税ってだけの話に
色んなクチパクくっつけてるだけで
国民は言い出したときから既に裏が見えてる。

  2012/02/08 08:50 #:13825

学芸会終わらないねえ。

  2012/02/08 09:49 #:13828

今回のはFRB自身の株主であるロスチャイルドをはじめとする財閥の行った不始末だからね。
FRBが放置しておくことはできなかったろうね。それに放置するには余りに規模が大きすぎる。

  2012/02/08 09:54 #:13829

そういうことだね。
これからちょっと長いぞ。
世界中が収束するまでに50年くらいかかるんじゃないかな。

  2012/02/08 10:00 #:13830

50年かけてドルの減価を行うのね。
同時にドルに連動させて世界中が自国通貨を減価させる。
その後にインフレによって物価調整がなされる。
要するに発行した紙幣の量に対して物価が調整されてくるのを
待つということね。

  2012/02/08 10:06 #:13831

生産力余力が大きいからね。単純な貨幣数量説は成立してないからな。
流動性のわなの中で大量の資金が行き場を失ってうごめいてる。
50年かけてインフレに向かうということはこれから貨幣の価値が
下がるということだから、一部の金が金や株に向うんだけど
所詮全体的にはデフレマインドが強くて短期的には皆がついてこない。
だから相場も上下しながら徐々に変化するんで、一気に
貨幣の信用崩壊が起こることはない。逆に言うとデフレから脱出するのに
条件が熟してくるまでひどく時間がかかるということになるんだろうね。

  2012/02/08 10:12 #:13832

それもこれも所詮は第二次世界大戦で全人類が実物経済を破壊しつくして
その復興のためにアメリカの力に頼ってきたことへの最終的付け払いってことか。
いいでしょ、借りは返さないといけない。
でも、日本はこれからどうして行けばいいんだろう

  2012/02/08 10:15 #:13835

日本はだって自分たちが思っているほどには小さくはないけれども
基本的にはヤッパリその自己認識は正しいんであって、所詮
小国でしょ。
小国には小国の生き方がある。

  2012/02/08 10:17 #:13836

まあ、大国でも小国でもない中間規模国じゃないの。
だって結構小さい国って多いよ。
中間規模国には中間規模国の生き方があるということでどうだい。

  2012/02/08 10:22 #:13839

もちろん、それだっていいよ。
正しい自己認識さえあれば。
所詮地球号の一員に過ぎないんで
自分たちだけで生きていくことは
どんな国だって無理だろうね。
互いに鎖国して自分たちの世界を
全世界とみなすんならその全世界に
見合った人口に自然に
縮小されていくでしょう。
でも、今の情報化の流れだと
それも無理でしょ。
全体を観察しながら自分たちの生き方を
模索していくしかないでしょ。

  2012/02/08 10:23 #:13840

全体を観察してるとどういう方向に向ってるの?

  2012/02/08 10:24 #:13842

今言ったじゃない。
発行済み貨幣の長い時間をかけた減価。

  2012/02/08 10:26 #:13844

じゃあ今金持ってる人たちは資産運用して減価を避けなきゃいけないでしょ。
日本も沢山海外資産持ってるし?

  2012/02/08 10:34 #:13845

バカだねえ。
金持ってる同士のゼロサムゲームって
経済学とは何の関係もないでしょ。
ドイツはギリシァを救済すべきであるという
命題の前にそれは損だという理屈に何の意味がある。
損じゃないなんて誰も思ってないのに。
金は今幾らになってる。貨幣価値が今の半分になったころ
金の価値はそんなにないぞ。今から金を買うという人の頭の中が
どれほど無知か良く反省しないと。
経済学的に一番重要なことは日本がこれから必要な物資の
生産力を絶対に落さないということでしょ。
この金融と云う紙切れの動きに惑わされて、
工場や人間と云う実物の働きを失うなよってことじゃないか。

  2012/02/08 10:38 #:13847

さはさりながら同時に上手に資産運用をする人がいたとしても困りはしないだろうけどもな。

  2012/02/08 11:13 #:13850

complex interdependence って、だからといって国家の独立を否定しているわけではない。
各国は各民族は地球の自然環境の変化に備えて、多様性による保険のために
自己をよく保存しておかなければならない。

  2012/02/08 11:15 #:13851

プサヨみたいにオハナバタケってんじゃねえぞってことだな。

  2012/04/10 11:52 #:19501

逆を言っている。



新着オススメフットライン
新着記事
05/24 日本人の結婚離れ 去年の婚姻件数は63万5000組 戦後最少にwww
05/24 西日本人「雑炊するから残った汁鍋に戻して」 東日本人「え?」 西日本特有の風習が汚すぎると話題に
05/24 欧米人「日本人みたいに汚い音を立ててスープをまき散らしながらラーメンを食べるのは絶対に嫌!」
05/24 韓国の百貨店「中国人観光客の購入金額は6万7540円。日本人観光客の購入金額はなんと僅か7400円」
05/24 日本が世界に誇れるものってなんなの?
関連記事
2年後に8%、3年半後に10% 消費税増税法案を閣議決定
27日のソウル市場でサムスン株が急落、時価総額にして9500億円が吹き飛ぶ--台湾市場ではHTC株が下落
『若者雇用戦略』正式決--政府定
ソニーの今期、連結純損益2200億円の赤字
「新聞や出版物に”軽減税率”適用を」--超党派の国会議員でつくる『活字文化議員連盟』
コメント投稿


管理者にだけ表示を許可する


    お世話になっております

    最新コメント
日本人の結婚離れ 去年の婚姻件数は63万5000組 戦後最少にwww:06/22 20:51
日本人の結婚離れ 去年の婚姻件数は63万5000組 戦後最少にwww:06/22 19:46
日本史上最も偉大なスポーツ選手wwww:06/22 00:00
日本人の結婚離れ 去年の婚姻件数は63万5000組 戦後最少にwww:06/21 22:24
日本人の結婚離れ 去年の婚姻件数は63万5000組 戦後最少にwww:06/21 16:39
欧米人「日本人みたいに汚い音を立ててスープをまき散らしながらラーメンを食べるのは絶対に嫌!」:06/21 11:09
欧米人「日本人みたいに汚い音を立ててスープをまき散らしながらラーメンを食べるのは絶対に嫌!」:06/21 10:56
    ニューリリース
    スポンサード リンク
    スポンサード リンク
    オススメ記事
ブログパーツ ブログパーツ


    スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。